SPONAVIの最新記事

八村塁選手にフォーカス!

今夜のSPONAVIは、
日本人初のアメリカプロバスケットボールNBAドラフト指名1巡目指名で
ワシントンウィザーズに入団した八村塁選手にフォーカス!


NBA開幕から9試合。
ここまで八村選手はウィザーズではパワーフォワードとして起用され、
全試合に先発出場し、9試合で130得点、1試合平均14.4得点。
八村選手のNBAデビューからここまでについて
アメリカ在住のスポーツライター、宮地陽子さんに伺いました!


Q. 宮地さんは八村選手のデビューからここまで、どんな感想お持ちですか?

・予想以上。とにかく落ち着いている。新人とは思えない。
 2、3年目の選手のよう。うまく行かなかった試合の次の試合できちんと
 修正できている。得点を固めて獲れる、
 大学でやれていたことをNBAでもできると証明した。


Q. 評価されている一番の理由は・・・?

・チームが買っているのは落ち着いていること。努力家だということ。
 メンタル的に大人。八村選手が個人の成績よりもチームの勝利を優先するところも。

・上手くいかなかった試合の後の切り替えもできる。
 3ポイントが課題と言われいますが、決める試合もある。

・八村君のミッドレンジでのジャンプシュートはエースガードの
 ブラッドリー・ビールに頼る得点に大きなプラスになっている。


Q. 今後、八村選手がさらに活躍するために超えるべきハードルは何ですか??

・一番は疲労に苦労すると思う。NBAは試合数が多い。
 大学時代の30試合の2倍半ぐらい。ゴンザガ大は強豪なので、
 大差で勝てる試合も多かった。NBAはどのチームとの対戦でも気は抜けない。
 ウィザーズは強くないのでより一層ハードワークが必要。

・相手に研究されることもある。高い学習能力で対応していかなければならない。

・八村君はプレーオフに出ると言っているが、困難な状況。
 個人スタッツに重きを置かない選手だけに、その中でもモチベーションを保てるかも鍵。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400

?