SPONAVIの最新記事


今週のSPONAVIはスペシャルゲストをお迎えしました。

競技麻雀のプロスポーツ化を目指して発足し
今年10月に開幕した麻雀のプロリーグ、Mリーグ。
コナミ・マージャン・ファイティング・クラブの高宮まり選手が登場!

IMG_2470.jpg

<高宮まり選手>
改めて、高宮まり選手のプロフィールですが、
1988年11月8日生まれ 敵にすると手ごわい、さそり座。
プロ歴8年。その激しい戦いぶりから「淑女なベルセルク」の異名を持つ。
プロ雀士の他に、グラビアアイドルとしても活動する
Mリーグきっての「美しすぎるプロ雀士」です。


Q. 「淑女なベルセルク」グラビアアイドルの柔らかいイメージとはかけ離れた
かなり怖い感じですが、気に入ってます?

・私自身は、「眠れる森の運王」と呼ばれたい!

Q. Mリーグが始まって、何が分かりました?

・まずはイメージがガラッと変わったのではないかと思います。企業様との
 契約選手になる、ということ自体が麻雀業界的に革新的なことなので、
 プロだけでなく麻雀そのもののイメージに新しい風が吹いていると思います。

Q. 高宮選手自身に変化はありましたか?

・打つ麻雀はあまり変わっていないかなと思います。最初の頃は少し引け腰に
 なっていましたが、やっぱり自分にやれることを精一杯やろうと。

・Mリーグの練習会や番組が増えたので、稽古の幅が広がりました。
 あとは雀力ではない力も気になるようになりました。
 稽古していて、麻雀の内容だけでなく所作も今まで以上に
 気にするようになったり。こうしてお話しをさせて頂く機会も増えたので、
 今までより話し方や伝える力が欲しいな〜と思うようになったりもしています。

Q. 選手目線で感じるMリーグの楽しさ、面白さは?

・チーム戦で、初年度で。チーム戦独特の緊張感や嬉しさを
 増し増しで感じられているなぁと思います。チームが勝つと、
 チームや応援団のみんなが嬉しい。負けたときはそれぞれのアプローチで
 親身になって励ましてくれる。一喜一憂を共にできる人達がいる。
 チームメイトの前原さんはファミリーって言ってくれるのですけど、
 まさにそんな感じで。みんなで戦っている!って思えることが嬉しいし楽しい。


今夜は、今年10月に始まったプロスポーツとしての麻雀リーグ、Mリーグ
コナミ・マージャン・ファイティング・クラブの
高宮(たかみや)まり選手お迎えしました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341

?