SPONAVIの最新記事


今夜のSPONAVIは、
来年のパラリンピックを前に、
注目度が高まるパラスポーツの魅力に迫るシリーズ企画の第1回!

長くブラインドサッカー日本代表の中心選手として活躍し、
ブライドサッカーの普及活動を積極的に行っている
落合啓士さんをお迎えしました!

SPONAVI0426image1.jpeg

落合啓士さんは、1977年、横浜に生まれ「キャプテン翼」に憧れ、
夢中でサッカーをやっていた10歳の時、徐々に視力が失われていく
網膜色素変性症にかかり、18歳で視覚障害者に。
25歳の時にブラインドサッカーと出会い、
プレーのために大阪に移住するほどのめり込み、
2003年に初めて日本代表に選出されてから
長く、エースナンバー背番号10を背負って活躍。
                         
2010年には、横浜で神奈川県初のブラインドサッカーチーム
ブエン・カンビオ・ヨコハマを設立。
現在は選手として東京オリンピックを目指しながら、
ブライドサッカーの普及活動、地域貢献活動も積極的に行なっています。

Q. ブラインドサッカーをまだ見た事がない方のために、どんな競技?

5人制のサッカー。アイマスクをして、音のなるボールを使ってプレー。
相手ゴールの裏にコーチがおり、ゴールまでの距離、角度を声で伝えてくれる。

Q. 初歩的な質問なんですが、ブラインドサッカー見てると
 フォーメーションも戦術もちゃんとあります。
 選手の皆さんは、距離や空間は音とお互いの声で認識している?

大体は、音、声でイメージ。
さらになんと、自分の歩幅で空間認知してプレーしている!

Q. ブラインドサッカーの一番の魅力、どんなところに感じていますか?

ゴールキーパー、コーチは目の見える人。
目の見える人と、プレーしている見えない人が一体にならないと勝てない!
そこが面白い。


今夜のゲストは、
ブラインドサッカー選手、落合啓士さんでした。
ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358

?