SPONAVIの最新記事


SPONAVIは、甲子園本大会はもちろん、
予選、練習試合も取材しているスポーツライター菊地高弘さんに、
今大会是非注目して見て欲しい、まだ全国区ではないけれども
将来有望だという選手を大厳選してもらいました!


・花巻東の西舘勇陽投手


 あの佐々木朗希投手の大船渡を決勝で破って甲子園出場を決めた。
 花巻東の佐々木監督が雄星、翔平に次ぐ逸材として1年生の時から、菊池、
 大谷がつけた出世番号「17」を付けさせて英才教育してきた逸材。
 佐々木監督はメディアに「大きく育てたい」と言ってきた。
 ストレートは150キロ越え。先輩が偉大だったので、
 まだ見劣りする部分はあるが、この夏で真価を発揮する可能性あり!

・近江のキャッチャー有馬諒選手。


 有馬選手は精神年齢が完全に大人。
 落ち着きがハンパじゃない。高校生のキャッチャーは、一発勝負なんで、
 まず、ピッチャーの良い所を引き出そうとする。有馬選手はそれは前提として、
 相手が嫌がることをとことんやる。そしていろんなピッチャーをリードできる。
 お父さんが阪神ファンなんですが、小学校の時からプロ野球観ながら
 配球当てゲームをしてきて、間違ってたら何故違ったのかを考える
 トライ&エラーを繰り返してきた。いきなり東海大相模と対戦するが、
 強力打線を抑えるとしたら、それは有馬君の支配力。
 僕は春の時点で優勝は近江と言ってきた!


・智弁学園の坂下翔馬選手。


 名門智弁のショートでキャプテン。
 163センチと小柄ながら奈良大会の本塁打記録を更新。体は小さくてもフルスイング。
 このボールここまで飛ばすかという感じ。体が小さい選手は当てに行く
 バッティングが多いが、彼のフルスイングは少年野球の子供達にも
 いい手本になると思う。例えて言えば、走れる森友哉か!?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367

?