大相撲11月場所!


今日の「SPONAVI」は、
怪物・逸ノ城の出現で連日大入りが続く、大相撲11月場所について、
雑誌『相撲』編集長の藤本泰祐さんに伺いました。

逸ノ城、6日目を終えてこの成績はいかがですか?

・(5日目までの成績で)予想の範囲。
 場所前、帯状疱疹になった。イベントや取材が増えて疲れたんでしょう。
 けいこ不足があった。

・対戦相手も逸ノ城を研究している。
 先場所は正面から組んでしまって、逸ノ城の体が生きる相撲をしてしまっていた。
 例えば、豪栄道、自分が低く当たって組みついていた。
 先場所、鶴竜や稀勢の里相手が逸ノ城に立ち会い左に変わられて敗れた。
 右手を出していくことで変わられてもついて行けるように対策していた。

逸ノ城は、何勝ぐらいできそう?

・2敗は自分より上の相手、下の力士には負けていない。
 10勝は苦しいかもしれないが、勝ち越しはすると思う。

今場所、もう一つの注目、横綱・白鵬が優勝して、
大鵬の通算優勝史上最多32回に並ぶか。
可能性、どのぐらいあるでしょう?

・8〜9割。危ない場面がほとんどない。

・優勝を争う相手が直接対決の前に、どれだけ白鵬について行けるか。
 鶴竜でも、千秋楽、本割と優勝決定戦、二つ勝のは容易ではない。
 大関も同じ。星を落とさないこと。

日本人期待の遠藤は、最近伸び悩んでいる印象がありますが
いかがですか?

・自分から攻めていく相撲に変えようとして、まだ自分の体に馴染んでいない。
・受けの相撲はケガのリスクが高くなる。遠藤がどう変われるか注目!

という事で今夜は、大相撲11月場所について、
雑誌『相撲』編集長の藤本泰祐さんに伺いました。

ありがとうございました!

2014年11月14日 19:45
?