キヤノンイーグルス、庭井祐輔選手が登場!


9月に日本で開幕するラグビーワールドカップを何百倍も楽しむために
渡部が毎回テーマを変えながら、ラグビーの魅力を探るコーナー。

今夜、ラグビーの魅力をより分かりやすく伝えてくれたゲストは
日本代表、サンウルブズでのプレー経験もある
キヤノンイーグルス、庭井祐輔選手でした!


AFR0809niwai.jpeg


<庭井祐輔選手>
10歳でラグビーを始め、報徳学園、立命館大学と進み、各年代の日本代表を経験。
大学卒業後はキヤノンに入社。
サラリーマン時代はスーツを何着も破った伝説を持つほどモーレツに仕事に励み、
日本代表、サンウルブズでのプレーによって、ラグビー一本の人生を選択してプロへ。
ニックネームはゴリラ、趣味は美味しいラテを入れることという可愛らしい一面を持つ!!


そんなキヤノンイーグルス、庭井選手をお迎えしてお送りした今夜のテーマは


「庭井選手!フッカーについて教えて〜!!」


フッカーの背番号は「2番」。スクラム最前列、左右のプロップに挟まれた真ん中。
フッカーはスクラム中央でスクラムハーフから投げ入れられるボールを足で蹴って
味方のナンバーエイトまで届ける役割を担います。
この投げ入れられたボールを蹴って味方に送るプレーを「フッキング」と呼び、
「フッキングをする人」という意味で、「フッカー」という名前になっています。

このフッカーについて教えて頂きました!
ありがとうございました!

2019年8月 9日 18:40
?