プロラグビー選手、畠山健介選手が登場!

今夜もラグビーの魅力をより分かりやすく伝えてくださるゲストを
お迎えしました!

明るいキャラが先行して、あまり知られていませんが、
実は歴代4位となる代表キャップ78を誇る生きるレジェンド!
プロラグビー選手、畠山健介選手が登場!

AFR0517image1.jpeg

プロラグビー選手、畠山健介選手をお迎えしてお送りする今夜のテーマは

「畠山さ〜ん!プロップについて教えて〜っ!!」


Q. 畠山さんのポジション、プロップはどんなポジション?

→スクラムの際にフッカーと共に最前列の3名でフロントローを構成。
 相手のフロントローと頭を交互に組み合わせて相手チームを直接押す役割。


Q. プロップ右と左、背番号1番と3番の役割の違いって何ですか?

→1番を左プロップ、またはルースヘッドプロップと呼び、
 3番を右プロップ、またはタイトヘッドプロップと呼びます。
 1番は左側に相手選手がいなくて頭が片側だけ自由になることからルース(緩い)。
 3番は両サイドから相手選手に挟まれて頭が動かしづらい、タイト(きつい)から。


Q. スクラム以外、ゲーム中はどういうプレー、役割がプロップに求められますか?

→ラインアウトでは、背の高い選手をリフト。
→モールの際には体ごと相手を押し込み、相手陣を崩す役目を持ち、
 スピードを犠牲にしてもパワーがあることが要求されるポジション。
→フィールドでボールに触ることはほとんどないが、ボールハンドリング能力や
 突破力が高ければ高いほど、勝敗に影響するポジションであり、
 ボールを持って突破を試みるプロップも珍しくない。


Q. 畠山さんがプロップの理想とする選手は?

→与えられた役割を理解し、全う出来る選手


Q. 9月に日本で開幕するラグビーワールドカップで、
畠山さんが注目しているプロップは、誰ですか?

→シンクラ―(ENG)、トゥポウ(AUS)、ケプ(AUS)、
 ジョージア代表のプロップ

「ランドローバー オール・フォー・ラグビー」のコーナー
今夜は、ラグビーのポジション、プロップについて、日本を代表するプロップ、
プロラグビー選手、畠山健介選手に伺いました!

2019年5月17日 19:20
?