ドラフトに見る、今後の日本プロ野球界

昨日行われたプロ野球ドラフト会議。
今日は朝からこの話題で持ちきりだった人も
多いんじゃないでしょうか。

10月26日のスポナビはドラフトの結果を受けて、どこよりも早く
来シーズン、そのまた先のことまで、
ドラフト研究の第一人者、スポーツライターの小関順二さんに伺いました。


まず米大リーグ挑戦を表明している岩手・花巻東高の大谷投手を
ドラフト1位指名した日本ハムに対しては、ドラフトの在り方として
とても意味のある事をしたという評価。
逆に日ハム入りに対し可能性はないと明言した大谷投手には
日本ハムに対して失礼だと苦言を示していました。

ソフトバンクが引き当てた東浜投手に関しては即戦力が期待される、
ドラフトに良い思い出のない阪神がようやく引き当てた大阪桐蔭の藤浪投手も、
夏場以降出てきて5勝ぐらいはできると思う。
体作りをやらされる高校だったので、高卒でも体力はあるとのこと。


今回も多くのドラマの生まれたドラフト。
新人選手のこれからの活躍が期待されます。

2012年10月26日 15:34
?