「自作ゲームマニア」、野田クリスタルさんがリモート出演!

今回は「R-1ぐらんぷり2020」で優勝した
お笑い芸人の野田クリスタルさんにリモート出演して頂きました!


マヂカルラブリー(BU)20.jpg


▼野田クリスタルさんはお笑いコンビ「マヂカルラブリー」のボケ担当。ゲームマニアでもあり、自作したゲームをプレーするネタを披露した「R-1ぐらんぷり2020」で優勝!自ら自作したゲームの数々は“野田ゲー”と呼ばれ、クリエイターとしても高い評価を受けています。


<小宮山>自作ゲームネタはどうやって思いついたんですか?
<野田>ネタにするつもりはなくて、もともとプログラミングを勉強してて、なんか頑張ったらゲームを作れ流ようになって、
<小宮山>え、お笑いをやりながら勉強したんですか?
<野田>勉強っていうか、ちょっとネットで検索しながら作ってみたら出来て、そっからちょっとずつ技術が上がっていって、いろんなゲームを作り出して。で、今年、R-1のネタがなくて、じゃあもう作ったゲームを実況してみればって、投げやりで挑んだらなぜか優勝できたっていう。
<小宮山>えー!プログラミングの学校とか通ったわけでもなく?
<野田>はい、まったく。
<小宮山>もともとゲームを作りたいって思ったきっかけはなんだったんですか?
<野田>小さい頃から作りたいとは思ってたんです。RPGを作れるゲームがあって、それを夢中になってやってたんですよね。ゲーム内のキャラクターが、僕がど下ネタを打ち込んだらど下ネタを喋るわけですよ。それに感動しまして!
<小宮山>(笑)
<野田>とんでもないど下ネタをゲームの中のキャラクターが言うんで、なんてことだ!ゲームとは自由だったのか!と。
<小宮山>自分で作ってしまえば何でもできるんだと?(笑)
<野田>普通に、攻撃食らったらゲームオーバーになるとかじゃなくて、ゲームオーバーをクリアにしてもいいとか、いろんな発想があるわけじゃないですか。それを考えてると楽しくてしょうがなかったんですよ。
<小宮山>野田さんの作ったゲームで遊びたいっていう人はどうしたらいいんですか?
<野田>一応、3、4本アプリ化はしてるんで、“野田ゲー”で検索すると出ると思います。Apple Storeとかで。
<小宮山>じゃあ、スマートフォンとかでできる?
<野田>保障はしないですよ!バグりまくるし、携帯によっては対応しない可能性もあるんで、そこは期待しないでください!
<小宮山>「出来たらラッキー!」ぐらいのノリでね(笑)


▼そんな野田クリスタルさんと買い物にまつわるお話も!最近買ってよかったものとは?


<野田>最近ペットを初めて飼いまして、ハムスターで「ハムハム」っていうんですけど、もう毎日心配で心配で。出かけてる時にハムハムどうしてんだろうと心配で心配で仕方なくて買ったのがペットカメラですね。
<小宮山>ペットカメラ?
<野田>はい。四六時中ハムハムの様子を見られるペットカメラを買ったんですね。携帯から見れるんですよ。そしたらずっと見ちゃって、何も手につかないですね。
<小宮山>(笑)ハムハムを常に生中継で?
<野田>ハムハムね、ずっと寝てるんですよ。だから見る必要ないんですけど、でも心配で見ちゃうんですよね。
<小宮山>なんかやる時もあるんですか?
<野田>一瞬巣箱から出てくる時が大注目ですね。
<小宮山>え、基本巣箱に入ってて、あまり映ってもいない?
<野田>何も見えないです。どこにいるかも分からないですけど、でも出た瞬間感動するんですよね。お、出てきたぞ!って。それが嬉しくて。ハムハム出てきた!何すんの?あ、水飲んだ!っていうのが楽しくてね。
<小宮山>めっちゃ楽しんでますね(笑)
<野田>めっちゃ楽しんでます。買ってよかったですね。
<小宮山>ちなみに、たくさんある中からそのペットカメラを選ばれた理由は?
<野田>機能が豊富で、360度回転するし、あと、声をペットカメラから流せるんです、遠隔で。だから出てきた時に、「ハムハム〜」って呼ぶこともできるんですよね。
<小宮山>(笑)でも呼んでも出てこないんですよね?
<野田>呼んでも出てこないです。ホントになんに反応もしないんで、意味はないと思うんですけど。
<小宮山>(笑)でも四六時中見てる?
<野田>四六時中見てますね〜。
<小宮山>では、人生を変えたような買い物ってありますか?
<野田>変えたというよりは、僕は漫才の衣装でネクタイがあるんですけど、M1グランプリ2017でですね、初めて決勝に出られるって時にネクタイを新しく買いまして。それまで普通のネクタイ使ってたんですけど、ちょっと気合い入れるために4万5千円のネクタイを買いまして。しばらく探したんですけど、それが一番高かったんで、キラッキラの光沢のある青色のネクタイを買ったら、完全に最下位とりまして。次の日、光沢なくなってたんですよ。
<小宮山>(笑)
僕、覚えてますよ。審査後にネクタイ、バっと取りましたよね?あのネクタイですか?
<野田>そうです、そうです!あのネクタイが4万5千円もしたんです!あんな感じで取りましたけど。
<小宮山>ぶわ〜っと取りましたよね?
<野田>もうシワだらけになってましたね、終わったあと。ご主人様と連動して輝きがなくなっていきましてね。今ではくすみ倒してます。
<小宮山>それ聞くともう一回見返すのがちょっと…(笑)
<野田>登場の時見るとネクタイだけ異様に光ってます。
<小宮山>また見てみます(笑)
そして、今、欲しいなと思ってるものは何かありますか?
<野田>僕、体を鍛えてるんですけど、パワーラックというものがありまして、これ一台あればあらゆるトレーニングができるんですね。緊急事態宣言でジムに行けなかった時、落ちていく筋肉を見ながら、悔しくて悔しくて!だからパワーラックが欲しいんですよ。ただ、たけーし、置く場所ねーっていう。
<小宮山>結構大きいやつですもんね?
<野田>とんでもなくでかいですね。重いし、賃貸じゃ無理だなとはなってるんですけど、欲しい!ホームジムが欲しいですね〜。


【お知らせ!】
超面白ゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」を
ニンテンドーSwitchで発売したいとクラウドファンディングに挑戦中!
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/1677


その他、単独ライブの予定もあります。


野田クリスタルTwitter →
https://twitter.com/nodacry?lang=ja

2020年9月11日 16:50
?