MEETUPの最新記事

今日のゲストは、Every Little Thingのギタリスト"いっくん”こと伊藤一朗さんでした!


IMG_1931.jpeg


▼今週のゲストは、Every Little Thingのギタリスト、"いっくん”こと伊藤一朗さん!
1996年、Every Little Thingのギタリストとしてデビューし、数々のヒット曲を生み出してきた“いっくん”。ELTとしての活動が23周年を迎える一方でバラエティ番組でもご活躍!なんと、51歳でYoutuberデビューも!さらに先月、これまでの半生とユルい人生哲学を明かした著書も出版されたばかりです。


<渡部>いろいろやってますよね、ホントに(笑)
<伊藤>いやもう、中年なんで(笑)
<渡部>今回、半生を調べたら、まず中学時代、ホントはドラムをやりたかったと?
<伊藤>そうなんですよね〜。
<渡部>なんでだったんですか?
<伊藤>ピッチャーじゃなかったらどうする?みたいな…
<渡部>え?どういうことですか?(笑)
<伊藤>(笑)先にドラムをお金持ちの友達に買われてしまって、
<渡部>あー、なるほどね!とられちゃって、もうギターやるしかない、みたいな?
<伊藤>そうなんですよ。普通ギターやるっていったら憧れのギタリストとかがいて、ああいう風になりたい!とかじゃないですか。
<渡部>なるほどね。で、高校時代はなんと、おヘソまである長髪でヘビーメタルの早弾きギタリストだったと(笑)そんな時代もあったんですね?
<伊藤>恥ずかしいですね〜(笑)
<渡部>で、そのまま高校を卒業して、二十歳で髪を切り、ポップスに行ったと(笑)これなんかきっかけあったんですか?
<伊藤>そうですね、やっぱり一般の人にもっと聴いてもらえる音楽ってなんだろう?とか考えて、髪切るだけで周りからの見方がそんなに変わるなら切っちゃえって。
<渡部>(笑)で、20代は音楽スタジオの社員として働きながら助っ人ギタリストとして活動…どういう経緯でELTの一員になったんですか?
<伊藤>元メンバーの五十嵐くんっていうのがELTにいまして、彼がavexのスタジオで働いてて、デモテープをたくさん作ってたんですよ。それに、アルバイトっていうか、ギターだけ入れて、5千円とかもらってたんですけど、そのうちの1曲がELT用になって、じゃあ、ギター弾いてるやつちょっと呼んできて、みたいな。
<渡部>それで入れってことになったんですか?
<伊藤>そうですね。でも確証がなかったんで、重く考えてなかったんですよ。
<渡部>でも、いきなりバーンと売れっ子でしょ?
<伊藤>そうですね。というか、売れているグループに所属している一員になった…っていう感じですね。
<渡部>(笑)でも、そこまではいいじゃないですか。この「いっくんバラエティ進出」、これきっかけはなんだったんですか?
<伊藤>なんだろうな〜?やっぱり音楽番組で、当時、とんねるずさんとか、ダウンタウンさんとか、そういう方がMCをやってる番組でメインボーカルじゃない人に話振ったりするじゃないですか。あの時に、たぶんいじりやすかったっていうか、
<渡部>普通の司会者だったら持田さん持田さんってなるところ、後ろのいっくんにちょっと触れてみようか、みたいな?
<伊藤>背後霊みたいな(笑)
<渡部>そっからですか?(笑)
<伊藤>それがきっかけですよね。
<渡部>で、スゴイのが、なんと、紅白出場8回!そして、「ガキの使い」の「笑ってはいけない(シリーズ)」も8回出演!!同じ回数出てるっていう(笑)これは、今年も楽しみにしてていいですか?(笑)
<伊藤>いや、わかんない!それはわかんないですけど…
<渡部>なんかこういうバラエティの活動で、ズタボロにいじられてるじゃないですか、みなさんに。どうですか?
<伊藤>いや、僕はそこで音楽みたいに自分をアピールしようとかは全然考えてなくて、蹴られたら蹴られるがまま!っていう感じです。
<渡部>なるほど(笑)


▼そんな“いっくん”と買い物にまつわるお話も!最近、買ってよかったものとは?


<伊藤>ちょっと季節外れちゃうんですけど、加湿器で、壺みたいな、バルミューダの…
<渡部>おっ!上から注げるやつね!
<伊藤>そう!上からジョボジョボ注げるやつ。
<渡部>あれね!
<伊藤>寝る手前で、あと一時間位したら空になるな〜みたいなことないですか?
<渡部>あります、あります!
<伊藤>その時に上からジョボジョボってやれるんで、すごい便利なんですよね〜。
<渡部>確かにタンクってボタボタ水が垂れたりしますからね。でもあれも結構勢いよく注ぐとビシャっと飛んじゃったりするでしょ?
<伊藤>ええ、もうビシャビシャで。
<渡部>ダメじゃないそれ(笑)
<伊藤>最初はオフィスで使うような武骨なやつを買おうと思ったんですよ。それで、デザインと性能を計りにかけて、まあ、バルミューダ買っちゃったんですけど。
<渡部>あれいいですよね〜。
<伊藤>結構便利ですね。
<渡部>じゃあ、ギタリストとしてギターを買う時とかは?今までこれ買ってよかったなっていうのはどうですか?
<伊藤>やっぱり高いものはそれなりに品質はいいと思うんですけど、ギターって抱えるものじゃないですか?だから手に取りやすいものの方が結果弾いてるな〜みたいな感じありますけどね。
<渡部>さっきちらっと伺ったら、今、40本位所有されているそうですが、よく触るのは?
<伊藤>よく触るのは…軽いやつ。
<渡部>もうギター嫌いな人の発言じゃないですか!(笑)
<伊藤>(笑)やっぱりこだわらずに手に取りやすい感じっていうんですかね。よく、あの人美人なんだけど話しかけにくいな〜っていう人より、話しかけやすいフレンドリーな人の方がいいですよね。
<渡部>ギターも?(笑)
<伊藤>ギターも(笑)
<渡部>少々ブスでも?
<伊藤>いやいやいや、もう自分の好きな色で好きな形を狙うってことですね。
<渡部>なるほどね〜。


◆お知らせ!◆
“いっくん”こと伊藤一朗さんが、これまでの半生、何を考えてどう生きてきたか?
ユルい人生哲学を明かす著書『ちょっとずつ、マイペース。』(KADOKAWA)が発売中!


さらに、いっくんがオレンジ色のつなぎを着て様々なことに挑戦する
YouTubeの『いっくんTV』もぜひチェックを!
https://www.youtube.com/channel/UCxANjE26oVSYs9mWDpk3rQQ


★CUSTOMLIFE MEET UP、次週は・・・
元ヤクルト監督で野球解説者の古田敦也さんをお迎えします!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395

?