MEETUPの最新記事

今日のゲストは、Base Ball Bearの
ボーカル・ギター、小出裕介さんでした。


image0.jpeg


▼2001年、同じ高校に通っていたメンバーが、学園祭に出演するためにバンドを結成したことがきっかけとなり、高校在学中から都内のライブハウスに出演。その高い音楽性と演奏力が大きな話題を呼び、Mini Album『GIRL FRIEND』でメジャーデビュー。これまで2度に渡り、日本武道館でのワンマン公演を成功させているBase Ball Bear。1月22日には3年ぶりのニューアルバム「C3」がリリースされます。そんなBase Ball Bearの小出裕介さんは、ロック界随一の映画マニア!特にホラー映画に造詣が深いことでも知られています。小出さんが思うホラー映画の魅力とは?


<渡部>映画は年間どのぐらい観るんですか?
<小出>去年は、新作を120本ぐらいだと思います。昔のクラッシックな映画とかも観てたりするんで、単純に観た本数でいうともっといくと思うんですけど。
<渡部>中でもホラー映画が得意だと!
<小出>そうですね、非常に得意ですね(笑)
<渡部>きっかけは何かあったんですか?
<小出>子供の頃から好きだったんですけど…ゲゲゲの鬼太郎のアニメ第3期がリアルタイムで、あの時に妖怪好きになって、それから90年代に心霊写真ブームが来て、心霊写真が好きで、心霊写真を検証する番組とか見てて、その後に(映画の)『リング』が来るんです。それが中学生の時で、劇場で観た時に、終わった後の会場の空気が「ヤバイの見たんですけど」みたいな感じになって、あれが体験としてこびりついてるっていうのはあったと思いますね。
<渡部>「なんだこれは?!」と?(笑)
<小出>『リング』と『螺旋』が同時上映だったんですけど、その『螺旋』を見終わった後、「リングの後に、これはなんだったんですか?」っていう感じの“?(ハテナ)”の空気もすごかったし(笑)
<渡部>(笑)それから色々掘り始めたと。
<小出>っていうのが一番しっくりくるかもしれないですね。
<渡部>よく、ホラー映画って怖がりの方が楽しめるっていうじゃないですか。その辺どうですか?
<小出>その辺が難しいところで、お化け屋敷が、「わー楽しい」っていう人もいるじゃないですか。一方で、生理的に無理っていう人もいるじゃないですか。僕は、ホラー映画は楽しめてるけど、お化け屋敷はダメなんですよ。びっくりは嫌なんです。
<渡部>(笑)でもホラー映画も仕掛けは基本びっくりでしょ?
<小出>いや、そこが多くの人が勘違いしてるところなんです!ホラー映画を観て怖いって思ったっていうのと、びっくりしたっていうのをイコールで捉えてる方が多いんですよ。
<渡部>確かに(笑)そのシャワーカーテン開けるな!開けるな!みたいな?
<小出>開けて、「なんか起きた!怖い!」って思ってるんじゃなくて、カーテンを開けるまでの、「何か起きるかも!」っていうドキドキの時間、そこが「怖い!」、なんですよ。開けた結果、「キャー」っていうそれは、あくまでも驚いていいですよっていう記号でしかなくて、映画としては、その手前のドキドキをどうするかっていうのを考えて作ってるんですよ。
<渡部>なるほど、プロセスだと!
<小出>そうです!
<渡部>なんかエロにも通じそうですね。袋とじ開けるまでだよ、みたいな(笑)
<小出>ほんと、そういうことだと思います!ピークが来るまでの積立をどうするかっていうのを考えてるのがいいホラー映画だと思います。
<渡部>つまり、緊張、緩和、振り、オチで、どう巧みに振っていくかってことですよね。
<小出>そうですね。ホラー映画って行き過ぎると笑えるじゃないですか。「いや、ないでしょ(笑)」っていう。その手前が一番怖いんですよ!
<渡部>緊張と驚きのギリギリのラインね。なるほど、確かに!僕も含め、勘違いしてる人多いかもしれませんね。


▼そんな映画マニア、小出祐介さんと買い物にまつわるお話も!最近買って良かったものとは?


<渡部>買ってよかったもの、なんかあります?
<小出>買ってよかった実感があったのは、ダスキンの台所用スポンジですね!
<渡部>(笑)実感ありました?
<小出>めちゃめちゃありました!あー、やっぱこれだったんだな〜っていう。
<渡部>何がどう違うんですか?(笑)
<小出>自分の好みの話なんですけど、食器洗い用のスポンジをずっと探していた自分に気づいて、
<渡部>つまり、ずーっとどこかしっくりきてなかったと?(笑)
<小出>しっくりきてなかったんですよ!それは機能面もそうですし、汚れが落ちるかどうかもそうですけど、水はけが良くて清潔に保てるか、長持ちか、泡立ちがいいか、手に持った感じ、とか…スポンジ一個使い終えて買い換えるごとに違うのを買って、結構長年探し求めてたんですよ。
<渡部>ダスキンのを手に取った時には?
<小出>実際にはちょっと前に使ってて、「これかも!」って思ったんですけど、その後にしばらく別のを使って比べてからこれに戻ってみたら「あ、やっぱこれだ!お前だったんか!」って。
<渡部>実証済みなんですね(笑)何が特に?
<小出>泡立ちがすごく早くて、立ち上がりが早いんです!(笑)
<渡部>いや、大事です(笑)
<小出>例えば、コップを洗う場合と、油汚れがかなりついてるフライパンを洗う場合、今までだったら違うスポンジを使いたいと思ってたんですけど、それは適度な硬さがあるのに、コップとか洗ってもしっかり洗えるし、そのままの流れでフライパンいってもめっちゃ落ちるし、かつ、水はけがいいから使い終わったあとキレイにリセットされるんです!
<渡部>ほー!マジで買ってみます、俺も!
<小出>ちょっと実物持ってきたんです!
<渡部>え?(笑)あ、ありがとうございます!
見た目オーソドックスな感じ!硬さいいっすね!で、気泡が大きいから水はけがいいんでしょうね。
<小出>そうなんです!よかったらプレゼントしますんで。
<渡部>ありがとうございます!
ポケットからスポンジ出した人初めてです(笑)
<小出>俺も、J-WAVEに何しに来たんだっていう(笑)


【お知らせ】
Base Ball Bear 3年ぶりのニューアルバム「C3」が、1月22日にリリース!
2006年のデビューアルバム「C」そして、2015年リリースの「C2」に続く、“C”シリーズ3作目であり、メンバー主宰の“DGP RECORDS”でこの1年間に録音した全12曲を収録しています。初回限定生産には、収録曲のライブ映像とミュージックビデオと、撮り下ろしのスペシャルインタビュー映像も収録!


発売記念イベント開催!
2月8日(土)タワーレコード新宿店
2月16日(日) タワーレコード渋谷店


3月には各地1組のゲストを迎えての東名阪Zeppツアー、
5月からは全国ワンマンツアーも決定しています。
※2マンツアー: 3月19日(木)Zepp Tokyo 
※ワンマンツアー:6月14日(日) Zepp DiverCity


詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
https://www.baseballbear.com

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404

?