元フレンチビストロの料理長の経歴を持つ WONKのボーカル、長塚健斗さんが登場!

今日のゲストは、、
元フレンチビストロの料理長の経歴を持つ WONKのボーカル、
長塚健斗さんでした!!


wonk.jpeg


▼日本のみならず海外でも注目を集めるエクスペリメンタル・ソウルバンド、WONKのボーカルであり、ボーカリストとして様々な他アーティストの作品にも参加している長塚健斗さん。実は元フレンチビストロの料理長という異色の経歴を持っています。


渡部:もともと子供の頃から料理人を目指してたと?
長塚:そうなんすよ。音楽と料理を同時に幼少期からやってたんですけど、将来は料理人になりたいっていうのはずっと思っていて。
渡部:じゃあ子供の頃はお手伝いしたりとかして?
長塚:そうですね。脚立に乗って母親から後ろ支えられながらやってましたね。
渡部:へー、かわいい(笑)で、本格的な料理の道にその後進むわけですよね?
長塚:そうですね。一番最初に飲食店で働き始めたのは16歳の頃。高校1年生の時にマクドナルド立川駅南口店で働き始めたところから始まって、で、いろいろ進学に関して父親とひと悶着あったんですけど、大学に行っても講義が終わったらずっとレストランで働いて。
渡部:へー!で、音楽活動はいつ頃からやってたんですか?
長塚:高校の時にバンドやってたんですけど、大学に入ってしばらくやってない時期があって、20歳位の時から友達がイベントやったりした時にちょっと弾き語りでギターと2人で歌ったりとか、まぁ、週末ミュージシャンみたいなことやってたんですよ。
渡部:じゃあ大学時代は音楽も料理もしながらって感じ?
長塚:そうですね。でもずっと料理人になりたくて料理をメインでやってたって感じなんですけど。
渡部:へ〜!で、卒業後にいよいよ料理長になるんですか?
長塚:そうですね。やっぱりバイトしなきゃいけなかったんで、できることっていったら料理しかなかったんで飲食店で働こうって。大学の時に料理人じゃなくて音楽をメインにしたいなって時期があったんですけど、バイトはしなきゃいけないなってずっと働いてて。
渡部:働いてたらバイトがどんどん出世してって感じですか?
長塚:なんかその時は、知り合いのお店にメニューを開発したりってことをちょっとやってて、人から、知り合いがお店を立ち上げるんだけど、なんかアドバイスくれないかって言われて。とりあえずお店見に行ったら、この立地でどういうことやったらいいかなって言われたから、じゃあ、こうでこうで、こんなのがいいんじゃないですかって言ったら、「話聞いて思ったけど料理長やってくんない」っていわれて。
渡部:へー(笑)新店舗の料理長に抜擢されたってことね。
長塚:そうですね。だから立ち上げからやりました。
渡部:なるほど〜。その頃はWONKはもう活動してたんですか?
長塚:WONKを結成したぐらいですかね。
渡部:また忙しい時期に〜。


長塚:(笑)でもWONKは結成して2年ぐらい何もやってなかったんで。
渡部:じゃ、とりあえずお店メインで?
長塚:そうですね、そんな感じでしたね。


▼フレンチの有名店でスーシェフをしていた経歴を持つシェフから料理を学び、クラッシクなビストロ料理や熟成肉を使った料理を得意としていたという長塚健斗さん。現在も音楽活動とは別に、仲間内ではありますが、料理人としてイベントのフードスタイリングやプロデュースもしているそう。そんな長塚さんが最近買ってよかったものとは?


渡部:最近、買ってよかったものとかありますか?
長塚:試作用に仕入れた魚介類がめっちゃよかったっす!
渡部:(笑)それは人に振る舞わないで試作しようと思って?
長塚:その振る舞うイベントとかで使うための食品を、魚屋さんに頼んで持って来てもらったんですけど、築地から。それがまぁ面白かったですねー。
渡部:へー、すごいな。ちなみになんの魚介ですか?
長塚:岩牡蠣とか、ちょっと時期じゃないですけど真牡蠣とかもらって、岩牡蠣は今時期らしくて美味しいなと思ったんですけど、あとオマールが良かったですね〜。あと萩のアマダイ!
渡部:山口(県)の萩のアマダイ!いいですね。
長塚:抜群でしたね、ホントに。
渡部:なんか購入を検討して悩んでる時に決め手となることとかあったりしますか?
長塚:やっぱ旬のもので、ちゃんと脂がのってるかとか、状態がいいかとか、そのあとの調理法に対して適してるかみたいなところのバランスというか、相性みたいなところですかね、一番考えるのは。
渡部:あと料理道具とかもきっといっぱいお持ちでしょ?
長塚:僕、そんなにないんですよね。
渡部:最近買ってないんですか?
長塚:あんまり買ってないですね。長く使えるものをずっと使ってるっていうのもあって。やっぱり手入れしやすいのが一番だと思いますよ。なんか無理して高い和包丁買っても研げなかったりとか錆びさせちゃう人も多いと思うんで、僕はもう家で使うのは手入れが簡単なステンレスのやつ。もちろんちょっといいやつなんですけど、ペティナイフが家に一本あるぐらいですね。
渡部:へー、それでもう全部やっちゃう?
長塚:そうですね(笑)
渡部:いいですね。じゃあやっぱり長持ちしそうなものを選ぶと。
長塚:そうですね、ホントに質がいいものを僕は買うようにしてます。
渡部:なるほど。あとは何かモノ選びとか買い物のコツみたいのあったりしますか?
長塚:やっぱりコスパじゃないですか?(笑)
渡部:コスパ、やっぱりそこ?
長塚:やっぱりコスパが一番重要視しますけど、でも、最終的に物の価値を考えて、高くてもいいものは、これは今必要だなと思ったら迷わず買います。
渡部:なるほど、いいですね。


<WONKからのお知らせ>
WONKの新作EP『Moon Dance』が先月リリース!!
LOCAL GREEN FESTIVAL出演!
8月31日(土) @横浜赤レンガ地区野外特設会場


WONK公式サイト 
http://www.wonk.tokyo/

2019年8月16日 19:10
?