「東京ビーフ」が堪能できる「WAGYU BAR 顔晴」!

1704071.png


今週紹介したのは、東京生まれ東京育ち、幻の黒毛和牛といわれる「東京ビーフ」が堪能できるお店、「WAGYU BAR 顔晴」!日本一人口の少ない村、東京都青ヶ島村などで産まれ、西東京の牧場へ。育てられるのは年間60頭だけという希少な牛です。脂は甘くて旨味が強く、融点が低いので口に入れた瞬間に溶けてしまうよう。その脂を最高の状態で楽しめるよう「WAGYU BAR 顔晴」では、真空低温調理を採用。13時間以上かけて低温で火を通すため、脂が溶け出さず肉汁をとじこめジューシーに仕上げています。写真は「究極の赤身」!希少価値が高いため300gの塊で4800円!これでも良心的な価格設定です。


1704072.png


スタジオには、オーナーの金子さんにお越し頂きました!


1704073.png


ランチには、東京ビーフを使ったドンブリもあり!ハンガリー国宝マンガリッツァ豚のローストものせ2000円(日替わりサラダ・スープ付き)!これも破格です☆


1704074.png

◆WAGYU BAR 顔晴◆
<住所>東京都中央区日本橋人形町1-12-11 リガーレ日本橋人形町A-106
<電話>03-3527-3848
http://www.wagyuganbare.com/

2017年4月 7日 19:36
?