「利尻島」の島料理が楽しめる貴重なお店「離島キッチン」!


HO0715image1.png

旅グルメ特集、今週紹介したのは、北海道!北緯45度の海に浮かぶ小さな島、「利尻島」の島料理が楽しめる貴重なお店、「離島キッチン」!全国の離島の食事を味わってもらい、その食の背景にある文化、歴史、物語も一緒に楽しんでもらいたいと、昨年9月にオープンしたお店です。島根県の隠岐の島をはじめ、小豆島や淡路島などなど、様々な離島の料理を用意しつつ、月替わりでひとつの島を特集していて、今月、7月いっぱいが、北海道の利尻島!

HO0715image2.png

場所は、稚内からフェリーで約2時間。日本百名山に選ばれた利尻山を円形の島の中央にようし、現在約5400人が暮らしている北海の孤島。北海道銘菓「白い恋人」のパッケージのモチーフになってる、あの島が利尻島です。対馬暖流とリマン海流が交わり、利尻昆布や様々な海藻が育つ豊穣の海。島の人々は、雄大な自然と共に生き、山に祈り、海の恵みを享受して暮らしています。7月でも平均気温は17度と涼しいので、暑さから逃れたい!という人には特におススメ。6月〜8月が観光シーズンです。

HO0715image3.jpeg

そんな利尻島の味のひとつとして、今日スタジオで試食したのは、「生ウニ2色丼」!明日からの3連休の間だけの特別メニューですが、ひと足先に頂いちゃいました!

HO0715image4.jpeg

HO0715image5.jpeg

利尻島は、「日本一」とも言われる利尻昆布を食べて育ったウニが名産のひとつ。鮮やかなオレンジ色と濃厚な味が特徴の「エゾバフンウニ」と、薄い色であっさりした味わいが特徴の「キタムラサキウニ」の2種類があり、利尻島でウニ丼といえば、だいたい贅沢に2種類使っていることが多いのだそう。6月から8月の間しか生ウニ漁は行われないので、東京では銀座の高級寿司やなどでしか食べられない高級品。超贅沢な丼です。利尻昆布のお吸い物がついて4800円!売り切れ御免ですので、お早めに♪

HO0715image6.png

7月いっぱいのメニューには、一夜漬けにしたウニをおにぎりに乗せた「ウニぎり」というメニューもあります。これも利尻島ではよく食べられているものなんだそう。おにぎり2個に、お吸い物が付いて1400円。

HO0715image7.jpeg

その他、こちらは、「たちかまの刺身」。たちかまは、スケソウダラの白子を赤穂の塩で練り上げたかまぼこで、利尻島では家庭の食卓にもよく並ぶ珍味。日本酒や焼酎のおともに最適な一品です。

HO0715image8.jpeg

こちらは「利尻ラーメン味楽のかけラーメン」!ミシュランのビブグルマンにも選ばれている利尻島のラーメン店「味楽」のラーメンを再現したラーメンで、利尻昆布を通常の5倍も使ったスープを贅沢に使っているのだそう。
その他、ほっけのちゃんちゃん焼きなど、いくつかメニューがありますが、島は、天候によって出荷が止まってしまったり、お祭りや運動会でも出荷が止まるため、日によって、提供できないものが出る場合もあるようです。それも島の面白いところ。北海道・利尻島の味、みなさんもぜひこの機会に楽しんでみてください。

HO0715image9.jpeg

今回スタジオには、ディレクターの辻原さん、そして、代表の佐藤さんが来てくださいました。ありがとうございました!

HO0715image10.jpeg

ちなみに、離島キッチン、8月は、沖縄県の久米島を特集する予定です。

離島キッチン
<住所>東京都新宿区神楽坂6-23
<TEL>03-6265-0368

そして、Calolimit HUNGRY OUTでは、
食べることを楽しみたい番組リスナーの皆様に
カロリミット約90回分を毎週3名様にプレゼントしています!

カロリミットは5つの成分が含まれており、
食事の糖と脂肪の吸収を抑える臨床試験済みの機能性表示食品です。

ご希望の方はメッセージに”カロリミット希望” と記載ください。

2016年7月15日 17:25
?