香港スペシャル、最終回!


HO0325image1.jpg

香港スペシャル、最終回は、アフタヌーンティー!香港に行ったら一度は体験しておきたいもののひとつとして、観光の定番でもあります。

HO0325image2.jpg

イギリス統治時代が長かった香港では、イギリス伝統の本格的なアフタヌーンティーを楽しめるお店がたくさんあり、特に有名な「ザ・ペニンシュラ」のアフタヌーンティーは、連日行列状態という人気ぶりですが、香港通のMOBYさんが今回選んだのは、同じく香港を代表する名門ホテルのひとつ、「マンダリン・オリエンタル」のアフタヌーンティー!今回の案内役であるScoobie Doのドラマー、MOBYさんの周りの香港通の間でも、非常に評判がいいんだそう。

HO0325image3.png

ということで、マンダリン・オリエンタルの「クリッパーラウンジ」に行ってきました!
ロビーから階段を上るとラウンジの入口に佇んでいるこの像・・・1962年にイギリスで製作された映画「Billy Budd」(邦題:奴隷戦艦)に登場する快速帆船(Old Clipper Ship)の船首に飾られていたものなんだそう。1963年、ホテルオープンと同時にこの場所に搬入されたそうで、Old Clipper Shipに飾られていた像が見守るラウンジ、ということで、クリッパーラウンジの名がついたそうです。

HO0325image4.png

何度も香港を訪れているMOBYさんですが、実は、アフタヌーンティーは今回が初体験!慣れない場所に、若干緊張?顔が・・・(笑)

HO0325image5.png

ぎこちない手つきでまずはお茶から・・・

HO0325image6.png

お茶のラインナップの中には、こんな工芸茶もあり。花のようないい香りがします♪

HO0325_1.png

HO0325image7.png

アフタヌーンティーというと、丸いお皿のケーキスタンドが一般的ですが、クリッパーラウンジのケーキスタンドは、ちょっとシックな黒いガラスを使ったオリジナルスタイル。色とりどりのサンドイッチやスイーツが映えます!

HO0325image8.JPG

上段は、アボカドクリームを挟んだサーモンのサンドイッチや卵のサンドイッチ、キッシュなど、食事系のフィンガーフード!

HO0325image9.png

下段は、コーヒークリームのエクレアやカシスソースのチーズケーキ、パウンドケーキなどのスイーツ!いろんあものを少しずつ楽しめるのがアフタヌーンティーの醍醐味☆

HO0325image10.png

実はエクレア好きのMOBYさん、まずはエクレアから・・・

HO0325_2.png

HO0325_3.png

HO0325image11.png

初めてのものを食べたかのようなこの表情・・・(笑)ここからちょっとずつテンションが上がってきます!

HO0325image12.png

こちら焼き立てのスコーン!ひと口食べると小麦粉の香りがふわっと広がります。柔らかく、甘さ控えめ!

HO0325image13.jpeg

そしてこれが、クリッパーラウンジ特製のバラジャム☆香港通の間では超有名!ここでしか味わえない名物ともいえるジャムだそう。

HO0325image14.JPG

バラの花びらとイチゴを使った香り高いジャムにMOBYさんも絶賛!「ひとなめしただけで超高級というのが分かる、マダムの味!」だそう(笑)ちなみに、このバラジャム、実はホテル内のケーキショップで販売されていて、お土産としても大人気!マンダリン・オリエンタルに行ったら、ケーキショップにもぜひ立ち寄ってみてください。(XO醤も人気みたいですよ。)

HO0325image16_1.JPG

HO0325image17_1.JPG

クリッパーラウンジのアフタヌーンティーは、サービス料含め、日本円で、1人だいたい4500円位。庶民派グルメを楽しみつつ、たまにはちょっと贅沢するのもいいのでは!

HO0325image18_1.png

ということで、今月は、「香港スペシャル」と題して、地元で人気のお粥専門店や 世界一安いミシュランひとつ星の飲茶屋さん、などなど、4週に渡ってMOBYさんが色々なお店を紹介してくれました。どちらかというと香港島側のお店が多かったようですが、MOBYさんいわく、ご紹介したお店を食べ歩く移動手段としておススメなのが、香港名物の「トラム」!100年以上の歴史がある世界でも珍しい2階建ての路面電車です。

HO0325image19_1.JPG

主要なスポットはだいたい網羅していて、乗車料金も、距離に関わらず、1回、日本円にして40円ほどと非常に安く、街並みも楽しみながら移動ができるということで観光にも食べ歩きにももってこい!

HO0325image20_1.JPG

ゴトゴト揺れる感じも楽しいです♪

HO0325image21_1.JPG

さらに、今年1月には、1920年代のトラムを再現した観光トラムも新たに登場!屋根が半分しかないオープントップのトラムで、およそ1時間、風を感じながら、観光を堪能できると大人気になっているんだそう。これも日本円で1500円ほどと格安。みなさんもぜひ、香港に行ったら乗ってみてください!

HO0325image22_1.jpeg

以上、MOBYさんのガイドでお届けした香港スペシャル、いかがだったでしょうか?
レトロとモダンが交錯する街、香港はこれからがいい季節!美味しい店もまだまだたくさんあります。ゴールデンウイークにでもぜひお出かけください☆

HO0325image23_1.jpeg

取材協力 香港政府観光局

2016年3月25日 17:20
?