日本で唯一のベトナムおこわ専門店「ツバメおこわ」!


HO0530image1.JPG

今回紹介したのは、昨年11月、高円寺にオープンした、日本で唯一のベトナムおこわ専門店、「ツバメおこわ」!高円寺駅から歩いて7分ほど、あづま通り商店街の中にあるお店です。

HO0530image2.png

こちらが店主の平野さやかさん。ベトナムで働いていた経験があり、その時出会ったのがベトナムおこわ。日本ではあまり知られていませんが、現地には屋台や路上販売、専門店もたくさん!ベトナム人にとっては、朝食やおやつ、夜食として非常にポピュラーな食べものだそう。そんなおこわの味が忘れられず、現地へ行って修業を積み、オープンさせたのが、この「ツバメおこわ」!イートインだけでなく、テイクアウトでも日本では珍しいベトナムの味を楽しむこともできます。

HO0530image3.JPG

日本のおこわとの違いは、使っているお米。パラパラとしたインディカ米のもち米を使っているので、重過ぎず、軽い感めの食べ応え。程よいモチモチ感が楽しめます。現地では具も肉系やモツ系など様々。ココナッツ水やココナッツミルクを使った甘いデザートのようなおこわもたくさんあるんだそう。写真は、お店イチオシの看板メニュー、「蓮の実おこわ」!

HO0530image4.JPG

蓮の実やレンコンを使い、蓮の葉でつつんで蒸し上げた蓮づくしのおこわです。中の具には、ひき肉や干しエビ、キクラゲや人参なども入っていて具だくさん!ご飯の上に散らしているのは、鶏肉や豚肉を、細くきって、ニュクマム(魚醤)で、カラカラになるまで炒り付けた「チャーボン」というベトナムのふりかけのようなもの。平野さんが4時間以上かけて手作りしています。

HO0530image5.JPG

メニューにはこの他にも、ベトナムでは非常にポピュラーな「鶏おこわ」(650円)、ハノイの方でよく食べられているという、「豚とハム煮おこわ」(650円)、少し甘めの「ピーナッツおこわ」(350円)、さらに、ベトナムではストリートフードとして人気の温かいデザート、「南国バナナのもち米包み焼き」といったおこわもあって、色々な味を楽しむことができます。そして、おこわだけでなく、餅米粉の皮でひき肉や海老、緑豆あんを包んで蒸し上げたベトナムのお餅、もちもち感がたまらない「バイン・イット・チャン」(500円)(写真)など、おやつ感覚のベトナム料理が色々あって、ほとんどがテイクアウト可能!

HO0530image6.png

だいたいが、冷蔵庫に入れておいて温め直せば、翌日の朝でも美味しく食べられるので、
サッカー観戦のお供に、手土産や手軽なおもてなしグルメとしてもおススメです☆

HO0530image7.JPG

コチラは「南国バナナのもち米包み焼き」(450円)。南国バナナをもち米で包んで焼き上げ、ココナッツクリームと香ばしいピーナッツをかけた甘酸っぱい温かいデザート。ベトナムのストリートフードです。

HO0530image8.png

ツバメおこわ
<住所>東京都杉並区高円寺北2-39-15
<電話>03-6321-3207

2014年5月30日 17:16
?