新年を祝うフランスの伝統菓子、ガレットデロワ!


HO0103_image1.png

新年第一回目!ご紹介したのは、新年を祝うフランスの伝統菓子、ガレットデロワ!フランスでは年が明けるといっせいに菓子屋やパン屋に並ぶ、おめでたいお菓子です。日本でも着実に定着していて、扱っているお菓子屋さんも年々増えているようですが、ここ六本木ヒルズで人気となっているのが、世界を代表するシェフ、ジョエル・ロブションのお店、
「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のガレットデロワ!2012年から販売されていて、特に新年あけて1週間ぐらいは非常によく売れるんだそう。

HO0103_image2.JPG

HO0103_image3.JPG

アーモンドクリームを詰め込んだパイの中には、ひとつだけ「フェーブ」と呼ばれるチャームが入っていて、それが当たった人は、その一年幸運に恵まれるといわれています。イベント性があってみんなで盛り上がれるお菓子です。お店によって、いろんなこだわりがあって、見た目も味もフェーブもそれぞれですが、ロブションのこだわりは、アーモンドクリームにたっぷり使われているマダガスカル産の上質なバニラビーンズ!

HO0103_image4.JPG

濃厚で香りのいいアーモンドクリームを、バターたっぷりの香ばしいパイで包んでいて、ナイフで切り分けるとなんとも言えないいい香り!特に焼き立ては抜群に美味しい♪

HO0103_image5.JPG

おっと、アーモンド発見!!(ちょっと食べちゃったけど)ロブションのガレットデロワにはフェーブ代わりに幸運のアーモンドが入っています。

HO0103_image6.png

そして、当たった人は、王冠を被り、王様として祝福を受けるというのが習わし!
(ちなみにこの方は、ロブションのシェフ、柏木さん。お似合いです♪)

HO0103_image7.JPG

ロブションでは、大と小、2種類のサイズを販売していて、“大”が、オリジナルのフェーブと王冠付き!より盛り上がりたい方はこちらがおススメです。ちなみにフェーブは、三ツ星レストラン、ジョエル・ロブションを代表する料理をモチーフに、フランスで職人が手作りした陶製。今年は、「有機栽培レモン バニラ風味のジュレにし アニスの香るクリームと」というロブションを代表する料理をかたどったフェーブが付いてます。
お値段は、小が1260円で、大が2625円。六本木店以外にも、恵比寿ガーデンプレイス店、丸の内店、3店舗で、1月いっぱい販売しています。ぜひ新年会などで楽しんでみては?

HO0103_image8.JPG

はずれたけど、かぶっちゃった♪

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 六本木ヒルズ店
<電話受付>03−5772−7507

2014年1月 3日 17:25
?