「勢揃坂 蕎 ぎん清」!


HO1227image1.JPG

「美味しい年越し蕎麦が食べたい!」という指令をもとに、今回番組が見つけてきたのは、蕎麦は蕎麦でも、ちょっとおめでたい、ありがたい感じのする年越し蕎麦。今年一年、式年遷宮で何かと話題だった伊勢志摩の食材にこだわったお蕎麦が食べられるお店です。その名も、「勢揃坂 蕎 ぎん清」!場所は神宮前2丁目。すぐ近くには青山一帯の氏神である「青山熊野神社」があって、明治神宮へも徒歩圏内。小さな路地裏にひっそりとあるお店ですが、大みそかには毎年多くの人が年越し蕎麦を食べに訪れ、賑わっているようです。

HO1227image2.JPG

ご店主の故郷が伊勢志摩ということで、伊勢志摩から直送される新鮮な魚介類を中心に、蕎麦前をじっくり楽しめる旬の肴、そして、自家製の石臼挽きのそば粉を使って、毎日手打ちしている二八蕎麦!冷たい蕎麦、温かい蕎麦、それぞれ色々なメニューがありますが、その多くに、厳選した伊勢志摩の食材が使われています。

HO1227image3.JPG

中でも、珍しいと人気を集めているのが、伊勢志摩のソウルフードともいわれる「あられ」を使った「揚げあられ蕎麦」!昔は、毎年冬になると各家庭でお餅をのして短尺に切り、あられを作っていたそう。今はスーパーでも買えるそうで、作っている家は少ないようですが、こちらのお店で使っているのは、ご主人のご両親が手作りして送ってくれているという色鮮やかなあられ。かけそばの上に散りばめると、見た目も華やかでめでたい感じ。年越し蕎麦としても人気のようです。

HO1227image4.png

これがそのあられ。揚げる前と揚げたあと。三重では、お湯をかけてお茶漬けにするのも定番だそう。赤いのはエビ、緑は海苔、黄色はクチナシを使って色付けしているので、そばつゆに入れると、あられからも味が染み出てきます。

HO1227image5.JPG

最初はサクサクと香ばしく、ツユが染みるとトロンと柔らかくなるあられ。ちょっとタヌキ蕎麦のような感覚?もともとお餅なので蕎麦との相性もバッチリ!油ものが入ることでつゆもより美味しくなります。お値段800円!その他にも、とろろと伊勢志摩名物、青さのりの天ぷらをのせたお蕎麦なども人気のようです。

HO1227image6.png

ちなみに、青さ海苔は、天ぷらにするとより風味が増して美味しくなるので、お酒のおつまみとしても人気!その他にも、「真珠貝の貝柱」、「牡蠣のそば味噌焼き」など、蕎麦だけでなく、蕎麦が出される前のひと時を楽しむお酒、“蕎麦前”をじっくり味わうための一品料理も充実。伊勢志摩の味を、存分に堪能することができます。お酒も、全国各地から厳選して集めた地酒がたくさんあるようなので、色々つまみながら、年越し蕎麦とともに、味わってみては?

HO1227image7.png

「勢揃坂 蕎 ぎん清」
<住所>東京都渋谷区神宮前2-3-10
<電話>03-3479-1911
 *大みそかの営業は、お昼が11時45分からで、3時ラストオーダー。
  夜は5時からで、9時ラストオーダーとなっています。

2013年12月27日 17:25
?