今、旬のおいしいチーズが食べたい!!

1109_zagat_1.jpg

11月11日の「チーズの日」を前に、今回見つけてきたのは、
美味しいチーズ料理が評判のイタリアンレストラン、
「クリニカ・ガストロノミカ・エスペリア」!
西麻布交差点近くの静かな路地裏に佇むお店です。


1109_zagat_2.jpg

オーナーシェフ、森克明さん(写真右から2番目)は、
フランスでチーズの普及に貢献したと認められた者へ贈られる騎士の称号、
「シュヴァリエ」を1984年に日本人の料理人としてはじめて授与された方。
現在は、その最高位である「グラン・オフィシエ」の位を持つ日本人、5人のうちのひとり。
日本で初めてマスカルポーネチーズを使った本格的なティラミスを作った方でもあり、
これまで数多くの革新的なチーズ料理を手がけてこられた方です。


1109_zagat_3.jpg

ヨーロッパを中心に常時20種類ほど、様々なタイプのチーズを揃えていて、
日本で最もチーズを消費するレストランとも言われているこちらのお店では、
様々なナチュラルチーズをブレンドするという独自の発想、技術で作り上げてきた
森シェフならではのチーズ料理を思う存分味わうことができます。


1109_zagat_4.jpg

中でも前菜として人気なのが、お店の名物でもある「サラダ革命」(1200円)!
森シェフが、「シュヴァリエ」の称号を授与するきっかけとなった料理です。
冷たい野菜にブルー系のチーズやクリーム系のチーズ4種類をブレンドした
熱々のソースをかけて提供。当時はチーズをお客さんの前でフランベしていたそう。
(今現在そのパフォーマンスはしていませんが、レシピはそのまま。)


1109_zagat_5.jpg

野菜とチーズを和えて頂きます。
熱々なので、サラダが半煮え状態になって食べやすく、
また、チーズの香り、美味しさを存分に感じられる人気メニューです。


1109_zagat_6.jpg

こちらは森シェフが一番好きなチーズ、フランスの「エポワス」を使ったリゾット☆
「ウォッシュタイプチーズの王様」ともいわれるエポワスは、今が最高の熟成具合。
スプーンですくって食べるほどトロトロで、匂いもなかなかのもの。
濃厚で味わい深いリゾットは癖になる美味しさです!


1109_zagat_7.jpg

こちらは、「岩手・木村さんの白金豚(プラチナポーク)のソテー、
クリーミーなウォッシュタイプのラングルチーズ添え」(2000円)!
「ウニのような味」とも例えられるラングルチーズで、ソテーした豚肉を包みこんでいます。


1109_zagat_8.jpg

柔らかい白金豚とラングルチーズは相性抜群!
バルサミコのソースで少し甘みを加えながら食べるとより美味です♪


1109_zagat_10.jpg

アラカルトメニューもありますが、5500円のコースがお得。
前菜からドルチェまで7品、チーズづくしの「チーズコース」(7000円)は特に人気です。
ランチはセットメニューが1300円からととてもリーズナブル!
本場フランスも認めた「シュヴァリエ」が作るチーズ料理の数々、ぜひ味わってみては?

クリニカ・ガストロノミカ・エスペリア
<住所>東京都港区西麻布4-11-25
<電話>03-5485-1771
公式HP

2012年11月 9日 08:44
?