カレー屋さん「シャナイア」!


0802ZAGAT1.JPG

今回見つけてきたのは、超隠れ家的なカレー屋さん!
恵比寿駅からも目黒駅からも歩いて10分はかかる住宅街の奥の奥にありながらも、
お昼時は満席になってしまうことも多いという噂のお店、その名も、「シャナイア」。
もともとフレンチのシェフだったというご主人が作るオリジナルの
薬膳スープカレーがクチコミで人気を集めているよう!

0802ZAGAT2.JPG

右奥!?こんなところに店?!

0802ZAGAT3.JPG

ネコの看板が目印です☆

0802ZAGAT4.JPG

店内はカフェのような雰囲気☆ギャラリーにもなってます。

0802ZAGAT5.JPG

お店のご主人、田部井淳さんと奥様☆
田部井さんは学生時代に食べたスープカレーの美味しさが忘れられず、スープカレーを極めるために、約4年半フレンチを学んだ後、独立!最初は、奥様と2人で、車での移動販売からはじめ、2年ほど経験を積みながら資金を貯め、昨年12月にお店をオープンしたそう。移動販売も昼間だけ続けていましたが、クチコミもあって徐々にお店の方が忙しくなったため、先月からお店一本での営業にシフトしています。

0802ZAGAT6.JPG

ちなみに、「シャナイア」という店名は、音楽好きのご主人が、歌手のシャナイア・トウェインからつけた名前で、ネイティブアメリカンの言葉で、「我が道を行く」という意味なんだそう。その言葉の意味通り、スープカレーは、ご主人の完全オリジナル。フレンチの技法をベースに、なんと中華の技法も取り入れ、さらに薬膳を融合!ほかにはない、独自の「薬膳スープカレー」となっています。
もともとカレーに使われるスパイスは、食欲を増進させたり、代謝アップにも効果的といわれてますが、より冷え防止になるよう、薬膳の勉強もして、具材やスパイスを厳選しているんだそう。それもあって、最初は女性のお客さんがほとんどだったそうですが、最近では、男性の常連さんも多くなっているようです。

0802ZAGAT7.JPG

メニューには、「チキン」、「野菜」、「エビ」とありますが、こちらは、ご主人イチオシの「チキン」!骨付きの大きなチキンレッグが丸々一本!野菜がおっきい!夏野菜ばかりだと体が冷えてしまうので、体を温める根菜なども入れているんだそう。
鶏がらをメインに、野菜・魚介を使い、さらにナツメ、紅花、クコなどの生薬を加えた薬膳スープには、とんこつやトマト、ナンプラーやオニオンソテーなども入っていて、スパイスも15種類以上使用。ドライバジルをアクセントにした香り豊かな贅沢なスープになっています。フレッシュなオレンジも入れているので、後味も爽やか!

0802ZAGAT8.JPG

チキンは、低温でじっくりと火を入れるコンフィというフレンチの技法で、旨みをしっかり閉じ込めつつ、スプーンで簡単に崩れるぐらい柔らかく仕上げています。
野菜も、人参はボイル、じゃがいもは素揚げといったように、食材に合わせて個別に火入れするこだわりよう。野菜独自の甘さ、香り、食感を存分に堪能できて食べ応えあります♪
お値段は、ターメリックライスか玄米がついて、980円。
辛さは甘口から激辛まで6段階で選ぶことができますが、ご主人いわく、スープの味を楽しんでもらいたいので、中辛ぐらいがおススメだそう。
味わい深さと健康にこだわった「薬膳スープカレー」、ぜひ一度お試しを!

0802ZAGAT9.JPG

薬膳スープカレー SHANIA
<住所>東京都目黒区三田1−5−5
<電話>03-3442-3962

2013年8月 2日 18:20
?