「武蔵野うどん じんこ」!


1ZAGAT0621.png

日本人の国民食でもあるうどん!
全国各地で、まさにソウルフードのように長く愛されてきた“ご当地うどん”は、
ここ数年、ちょっとしたブームでもあります。
日本一有名な“ご当地うどん”と言えば、香川の「讃岐うどん」ですが、
実は今、それに次いで注目株となっているのが、東京都多摩地域から埼玉県北部、
武蔵野平野発祥の「武蔵野うどん」!
都内にも少しずつお店が増え、じわじわとブームになっているようです。
そこで今回見つけてきたのは、美味しい武蔵野うどんが味わえると評判のお店、
三軒茶屋にある、「武蔵野うどん じんこ」!
2年前に、“世田谷区初”の武蔵野うどん専門店としてオープンしたお店です。

2ZAGAT0621.png

その昔、小麦の栽培が盛んだったことから、日常食として長く親しまれてきた武蔵野うどんは、ツルっとのど越しの良い讃岐うどんとは違い、不揃いにねじれがあるのが特徴。力強いコシが持ち味の田舎うどんです。

3ZAGAT0621.png

一般的に足踏みしているお店が多いようですが、こちらのお店は、手打ちにこだわった「本手打ちうどん」!(写真は、ご主人の神山さん☆)

4ZAGAT0621.png

5ZAGAT0621.png

こちらが一番スタンダードな人気メニュー「肉ネギつけ汁うどん」!
武蔵野うどんの基本は、つけ汁スタイルで、
温かいつけ汁に冷たい麺をつけて食べることがほとんど。

6ZAGAT0621.png

つけ汁は甘辛い関東風で、具材として豚肉が入っているのも特徴。
ダシの中に肉のうま味が広がります。
油揚げと香ばしく焼いたネギが入ってることでもより深い味わい深いに♪

7ZAGAT0621.png

手打ちでありながら讃岐うどんにも負けないコシのある麺を絡めて頂きます。

8ZAGAT0621.png

ねじれがあるので温かいつけ汁とよく絡みます!食べ応えあり!
お値段、並盛で680円。
ちなみに、麺を1キロ乗せた「特々盛り」というのもあって、それでも1380円!安い!

9ZAGAT0621.png

その他にも、こちらのお店では、「塩肉つけ汁うどん」や「カレーぶっかけうどん」、
今の季節限定の「梅おろしぶっかけうどん」や、「紫蘇練り込みうどん」などなど、
およそ20種類のオリジナルメニューがあって、
さらに夜は、うどんを使った水餃子やマカロニサラダなどのサイドメニューも登場!
好評のようです♪

武蔵野うどん じんこ
<住所>東京都世田谷区三軒茶屋2-11-11
<電話>03-3411-0588

2013年6月21日 18:20
?