「究極のカルボナーラ」をチェック!

11pasta.png


今週紹介したのは、カルボナーラが好き過ぎるシェフによる“究極のカルボナーラ”が食べられるお店、「カーサベッラ」!最近完成したばかりの新国立競技場の近くにあるイタリアンレストランです。オーナーシェフの越川徹也さんは、カルボナーラがきっかけで料理人を目指したという方。20年以上、カルボナーラを追求し続けています。


22pasta.png


美味しいカルボナーラを作るために特にこだわったのは、このタマゴ!数々のタマゴを試してようやくたどり着いたという埼玉県日高市の「たかはしたまご」の卵職人、高橋さんが人生を賭けて、まるで自分の子どもの様に大切に育てた親鶏から生まれるタマゴで、「金印」と「萌味」、2種類のタマゴを混ぜ合わせて使っています。もともとタマゴかけご飯専用なので、火を入れてカルボナーラにするなどもってのほかと、許可を得るために、なんと10年の歳月を要したそう。黄身が濃くてプルプル!本物の美味しさを追求した1個200円近くする高級タマゴです。


33pasta.png


その他、ペコリーノチーズ、パンチェッタ(生ベーコン)、「グアンチャーレ」という豚ほほ肉の塩漬けのみを使ってソースに。生クリームは一切使用していません。最後に胡椒を振りかけるのは、その昔、カルボナーラは、ローマの炭焼き職人が食べた料理で、手についていた炭を振り払った時に落ちたことが所以だそう。太めのパスタは、イタリア、フェリチェッティ社のスパゲットーニ。標高1000mの地で作られる最高級のパスタで、世界で生産量が2%以下という原種の小麦を使って作られています。食材のバランスはもちろん、火入れのタイミングなど、すべてに神経を使って仕上げている“究極のカルボナーラ”!カルボナーラ好きの児嶋も絶賛の美味しさでした!ぜひ一度お試しを◎
スタジオには、越川シェフにお越し頂きました!ありがとうございました!


44pasta.png


◆Hostaria Casa Bella(ホスタリア カーサ ベッラ)◆
<住所>東京都渋谷区神宮前2-3-30第2竹上ビルB1
<電話>03-6804-1495
http://www.hostariacasabella.com/

2019年12月 6日 15:40
?