「ジョエル・ロブション」のオープンテラス!


ZAGAT0524_1.png

爽やかな風が気持ちいい季節。オープンテラスで食事を楽しむには最高の時期ですよね。
そこで今回見つけてきたのは、先月から期間限定でオープンしている
スペシャルなテラス、恵比寿ガーデンプレイスに佇むシャトーレストラン
「ジョエル・ロブション」のオープンテラスです。

みなさんも一度は目にしたことがあるであろうこのお城のような建物・・・
3階から地下一階までのフロアすべてが、フレンチの巨匠、
ジョエル・ロブション氏のお店です。世界中で展開する様々なレストランのうち、
最高峰のブランド、ガストロノミー「ジョエル・ロブション」が2階に入っていて、
3階が個室のサロン。

そして、1階には、ガストロノミーよりも少しカジュアルなレストラン、
「ラ・ターブル・ジョエル・ロブション」。
その1階のテラスが、現在「シャトーガーデン」としてオープンしているんです。

ZAGAT0524_2.png

この緑のアプローチを抜けると…

ZAGAT0524_3.png

緑と花に囲まれ、心地よい風の吹き抜けるガーデンテラス!
都心でありながら海外のリゾートのような、この優雅な空間で、ジョエル・ロブションのシンプルフレンチを味わうことができるんです。ちなみに、こちらのお店で今現在、ロブション氏に厨房を任されている朝比奈シェフは、今年2月にフランスで開催された料理のコンクールに日本代表として出場し、見事3位入賞を果たした実力派!

ZAGAT0524_4.png

店内と同じ料理をテラスでも味わうことができますが、特に人気なのが、
前菜、スープ、メインをひとつのお皿に載せたテラス限定のワンプレートメニュー☆
ランチもディナーも、「魚料理のワンプレート」と「肉料理のワンプレート」2種類が用意されていて、ロブションの味を気軽に楽しむことができます。
以下、ある日のランチの「魚料理のワンプレート」♪

ZAGAT0524_5.png

まずはアミューズから。グレープフルーツやハーブを使った爽やかな一皿。

ZAGAT0524_6.png

そして、見た目も美しいワンプレート!

ZAGAT0524_7.png

こちらは「活帆立貝のソテーを爽やかなアンディーブのサラダと共に」。

ZAGAT0524_8.png

スープは、「冷たいトマトのガスパッチョ フルーティーなオリーブオイルの香り、
小さなクルトンを浮かべて」☆

ZAGAT0524_9.png

そしてメインは、「真鯛 ポワレにし、甲殻類の“ジュ”とトランペット茸のコンビネーション」!ロブションらしい贅沢な内容となっていますが、これにパンとコーヒー・紅茶がついて、2600円!ロブションの料理がこの値段で味わえるのは嬉しいですよね♪
(ディナーのワンプレートは4800円。)

ZAGAT0524_10.png

別料金でデザートも♪
「シャトーガーデン」は4月末から10月末までオープンしています。
ペット連れもOKなので お散歩がてらという方も多いよう。
天候によってオープンできない日もあるので、予約は受けていませんが、
逆にいうと、予約しなくていいのでその日の気分で行ってみるのもいいのでは?
ぜひシャンパンとともに♪

ZAGAT0524_11.png

ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション
<住所>東京都目黒区三田1-13-1恵比寿ガーデンプレイス内
<電話>03-5424-1338(受付時間 10:00〜22:00)

2013年5月24日 18:25
?