生姜焼きの概念を覆す話題の生姜焼き専門店!?


HO1004Picture1.png


今週紹介したのは、生姜焼きの概念を覆す話題の生姜焼き専門店、「極厚家(ごくあつや)」!その名の通り、看板メニューは、極厚の生姜焼き定食です。(しょうがごはん、漬物、選べる1品、お味噌汁がついて、税込み1050円)


HO1004Picture2.png


厚さなんと2センチ弱位!生姜焼きというよりはステーキのような佇まいです。普通の生姜焼きは、薄切りの豚ロース肉を使って、フライパンで焼いて味付けをすることが多いですが、これは、豚の肩ロース約2キロを塊のまま、ブライニング(塩漬け)して20時間以上かけて低温調理してるそう。分厚く切って、たくさんの玉ねぎ、にんにく、生姜を擦りおろしてじっくり煮詰めた特製ソースをかけて完成!実は焼いていませんが、味は生姜焼き!低温調理の時間や温度など、研究に研究を重ねて作り上げた新感覚の生姜焼きです。


HO1004Picture3.png


分厚いですが、箸で簡単に割れる柔らかさ!そして、中は、豚肉なのにちょっとレアっぽいピンク色!驚く方も多いようですが、この色と柔らかさは低温調理ならではのもの。口の中でホロホロととろけます◎白いご飯の代わりに添えられたしょうがごはんともよく合います。しょうが焼きは、飽きずに食べてもらえるようにと、「みそ味」と「辛味」も用意!「極厚しょうが焼き丼」や、極厚ではない普通の生姜焼きもあります。

HO1004Picture5.png


スタジオには、女将の石井しおりさんとオーナーの高野さんにお越し頂きました!ありがとうございました!


極厚家
<住所>東京都新宿区高田馬場3-16-21乙二ビル1階
<電話>050-5361-5783


2019年10月 4日 17:20
?