麻布十番「ナポレオンフィッシュ」!


0510_GROUMET_1.png

12日は母の日を前に今回見つけてきたのは、
家族で囲む料理の定番、中国料理のお店!
他ではなかなか味わえない珍しい料理が味わえると、昨年夏、
麻布十番にオープンして以来、食通の間でも話題のお店です。

0510_GROUMET_2.png

その名も、「ナポレオンフィッシュ」!看板が小さいので
見逃してしまう人も多いかも?

0510_GROUMET_3.png

店内は明るいカフェのような雰囲気ですが、中国料理だけに、
オープンになっている厨房が立派!

0510_GROUMET_4.png

0510_GROUMET_5.png

こちらのお店で味わえるのは、中国の少数民族料理。
今は主に、中国の中でも一番田舎といわれている
貴州省の料理がメインとなっていて、お店で使っている材料や調味料も、
ほとんどが現地調達!発酵した唐辛子や漬物、中国の味噌や納豆などなど、
多くが発酵食品ということで、“発酵”もこの店のテーマになっています。

0510_GROUMET_6.png

メニューには貴州省の料理以外にも、
その周辺の中国の田舎料理がたくさんあって
珍しい食材もたくさん使われていますが、その中でも特に貴重なのが、
店名にも掲げられている、「ナポレオンフィッシュ」!

日本だと、よく水族館などで見る魚ですが、なんとこちらのお店では、
そのナポレオンフィッシュが看板メニューとなっているんです!

中国ではもともと高級食材でしたが、
乱獲により数が減ってしまったことで今さらに高級魚となっているそう。
香港などではご馳走として食べられています。
日本でもこのナポレオンフィッシュが食べられるのはごく一部の高級店のみ!
非常に貴重な魚です。

0510_GROUMET_7.png

↑熱帯魚らしい風貌・・・
お店で使っているのは、沖縄、石垣島の海人から天然もの!
小さいものだと600gほどから、大きいもので10坩幣紊砲覆襪修Δ任垢、
大きさの指定はできず、捕れ次第送ってもらっている状況。
看板メニューでありながら、入らない日も多いそう。

0510_GROUMET_8.png

こちらが看板メニュー、「ナポレオンフィッシュの発酵唐辛子のせ蒸し」!
5日ほど寝かせて熟成させることでアミノ酸が分解され、
身がホロホロに!旨みが増してより美味しくなるそう。
唐辛子をのせて蒸し上げるという湖南省のスタイルで提供しています。

0510_GROUMET_9.png

蒸すことで唐辛子の発酵した旨みが魚に落ち、
特製の醤油のタレとあいまって重層的な味にな。

身は驚くほどフワフワ♪

0510_GROUMET_10.png

メニューには、「カブト」と「切り身」があって、より貴重で、
美味しいと大人気なのが「カブト」!一匹につき、
二皿分しかとれないので、入荷するとすぐに売り切れになってしまうそう。
ホホなどに身がいっぱいあり、
立派なタラコ唇と目の下はコラーゲンの塊!プルプルです♪

0510_GROUMET_11.png

ただ、ナポレオンフィッシュは予約なしでは食べられませんので、
ご注意下さい。

0510_GROUMET_12.png

こちらは、「極太もやしと自家製発酵ベーコンの炒め物」!
ピーナツからもやし?!お酒のおつまみにもおススメです。
その他にも、マニアックで美味しい田舎料理がたくさん!
珍しい紹興酒も揃ってます♪

ナポレオンフィッシュ
<住所>東京都港区麻布十番1-6-7 2階
<電話>03-3479-6687

2013年5月10日 18:30
?