日本を元気にする、美味しい料理が食べたい!

0308_z_1.jpg


東日本大震災からまもなく2年。食を通して、日本を元気にしようと 継続した支援を続けるお店が、ここ東京にもたくさんあります。その中から今回紹介したのは、渋谷にある人気のイタリアンレストラン、トラットリア・シチリアーナ・ドンチッチョの姉妹店として、震災後、8月にオープンしたお店、「岩(ガン)ヴィーノ」。


0308_z_2.jpg


店主の遠藤さんは岩手県の出身。同じく岩手県人であるドンチッチョのオーナーとで立ち上げたお店です。故郷・岩手を長期的に支援するために何ができるのかを考えた結果、たどり着いた答えが、岩手の食材やお酒を積極的に仕入れ、美味しく食べてもらうこと、その魅力を少しでも多くの人に伝えること、だったそう。「ドンチッチョ」の姉妹店ということで、イタリアンだと思いきや、フレンチテイストのものもあったり、和テイストのものもあったり、岩手の郷土料理をアレンジしたメニューや、冷麺なんかもあったり・・・岩手の食材の美味しさを存分に生かした料理が味わえるお店です。


0308_z_3_re.jpg


入口付近には、大船渡にボランティアで炊き出しに行った時の写真が・・・


0308_z_4.jpg


渋谷から少し離れていることもあり、店内は落ち着いた雰囲気。


0308_z_5.jpg


個室にもなるカウンター席もあります。


0308_z_6.jpg


メニューをみると、「岩手産キューリのフライ」、「岩手産しいたけ入りキノコのオムレツ」、「岩手産佐助豚(さすけぶた)のシュウマイ」、「岩中豚のパテ」、「岩手産短角牛もも肉のタリアータ」などなど・・・岩手自慢の食材が勢ぞろい!


0308_z_7.jpg


さらに、岩手といえば南部鉄器が料理を美味しく演出してくれます。
(写真が店主の遠藤さん。とても気さくな方です♪)


0308_z_8.jpg


南部鉄器で出されるメニューはいくつかありますが、こちらは岩手の郷土料理「ひっつみ」。「ひっつみ」というのは、小麦粉を練って固めたものをひっつまんで汁に投げ入れて作る料理で、すいとんのような料理。お店では少しアレンジして、トマト味にしたり、クリームソースで出したりもしてるそうで、ランチでも人気メニューとなっています。写真は「ゴボウとつくねのひっつみ」。


0308_z_9.jpg


「ひっつみ」はニョッキのようでモチモチ♪つくねは、岩手産の「いわい鶏」にゴボウを混ぜて作っていて、いわい鶏の旨みが溶け込んだ出汁が美味。。優しい味です。お値段、1450円。


0308_z_10.jpg


その他にも、岩手を感じる美味しいものがたくさんありますが、いろいろ食べたあと、締めとして必ず食べてほしいのが、岩手の定番、冷麺!麺にワカメなどを練りこんだ珍しい冷麺で、店主、遠藤さんにとっても思い入れの強いメニューだそう。写真は「三陸海鮮冷麺」。三陸の海の幸たっぷりの冷麺を作りたいと、名前を先につけたそうですが、残念ながら三陸からの仕入れはなかなか厳しい状況。今現在、すべえ三陸産とはいきませんが、いつかきっとという思いをこめ、「三陸海鮮冷麺」という名前のままにしてるそう。遠藤さんの思い描く冷麺が完成する日を楽しみに、みなさんもぜひ一度!


0308_z_11.jpg


この麺がたまりません♪


0308_z_12.jpg


岩手の美味しいお酒もたくさんあります☆


0308_z_13.jpg

ガンヴィーノ
<住所>渋谷区渋谷2−2−2青山ルカビル2階
<電話>03−6427−9880

2013年3月 8日 19:42
?