話題の日本初上陸グルメが食べたい!

0301_z_1.jpg

今回見つけてきたお店は、おとなり、韓国からの日本初上陸!
日本人にとってはすでに馴染み深い韓国料理ですが、実はまだあまり伝わってきていなかった伝統料理があるのをご存知でしょうか?その名も、「チムタク」。 韓国で大人気の「チムタク」専門店が、新大久保にオープンし、話題となっているんです。お店の名前は、「ヨルボンチムタク」!

0301_z_2.jpg


韓国で大人気のお店で、現在韓国で11店舗を展開しているんですが、なんと、そのオーナーが韓国のトップスター!R&B界の貴公子と呼ばれるSE7ENが自ら経営しているお店なんです。


0301_z_3.jpg


新大久保のお店にも、サインや等身大パネルがあって、ファンも多く訪れているよう。先日、渋谷公会堂でコンサートがあった時にはSE7EN本人も店で食事をし、ちょっとしたパニックになったとか。。写真左はお店のマスコット。駅前でチラシ配りをすると大人気のよう。なんでニワトリかというと、「チムタク」とは鶏肉を使った料理で、もともとは貴族しか食べられない貴族料理。庶民の口に入るようになったのは、韓国の長い歴史の中でもつい最近の話で、5、6年前に専門店がオープンし、韓国でも新しい料理として注目を集めたそう。今は定番料理になりつつあるということなので、韓国へ行ったことのある人なら知っているかもしれませんが、日本ではいまだにほとんど見かけない料理名ですよね?


0301_z_4.jpg


「チムタク」は、SE7ENも大好きな料理。韓国の店には、BIGBANGなど名だたる韓国スターも訪れているよう。


0301_z_5.jpg


オープン直後、<SE7EN>が座った席が「7番」テーブル。壁にはSE7ENを始め、いろんな人のサインが・・・。この席が大人気!


0301_z_6.jpg


そして、肝心の「チムタク」ですが、簡単にいうと、骨なしの鶏モモ肉とジャガイモ、玉ネギ、韓国春雨をオリジナルのソースで炒め煮にした料理。もともとは貴族しか食べられない貴族料理だったため、庶民の口に入るようになったのは、韓国の長い歴史の中でもつい最近の話。5、6年前に専門店がオープンし、韓国でも新しい料理として注目を集めたそう。今は定番料理になりつつあるということなので、韓国へ行ったことのある人なら知っているかもしれませんが、日本ではいまだにほとんど見かけない料理名ですよね?


0301_z_7.jpg


こちらがその「チムタク」!鶏肉、韓国春雨、トッポキ、ジャガイモ、人参、玉ねぎなど、かなり具沢山です。ソースの味付けが醤油ベースのため、実は韓国の店でも日本人に特に評判がいいそう。食欲をそそるとてもいい匂いがします♪一見辛くなさそうですが、唐辛子も使っているので、スパイシー。辛さが4段階で選べて、一番辛いのだとちょっと危ないぐらい辛いそう。味は、すき焼きに近いでしょうか?甘辛く、癖になる美味しさです。


0301_z_8.jpg

この韓国春雨も日本にはないもの。平べったくてモチモチ。ソースがよく染みてます☆
お値段は、2人前から3人前の量で2980円。テイクアウトも可能です。

0301_z_9.jpg


こちらは店長のコウ・ウォンジュさん!ニコニコ笑顔がとても可愛い方です。


0301_z_10.jpg

「ヨルボンチムタク」で欠かせないサイドメニューが「ナルドゥバプ」というご飯!
お豆腐ととびっこを乗せ、ごま油をかけ、さらに韓国のりをたっぷり散らしたご飯で、食べ方は、チムタクを食べ終わった残りのソースに丸ごと入れて混ぜて食べたり、チムタクを食べつつ、ソースを「ナルドゥバプ」にかけながら食べたり、お好みで。


0301_z_11.jpg


ソースとご飯、韓国のりの塩味、ごま油の風味・・・色々混ざって絶妙!とびっこがプチプチ!豆腐が混ざると味がマイルドになります。これはおススメ♪


0301_z_12.jpg


そのほか、こちらが、新鮮な野菜とササミなどをオリジナルの柚子ソースで味わうヘルシーな前菜「ボンサラダ」!日本限定のメニューです。SE7ENも実際に試食し、太鼓判を押した自信作だそう。


0301_z_13.jpg

こんな風に混ぜて食べると美味しい!柚子が利いててさっぱり。ヘルシーメニューです。
SE7ENファンんらずともぜひ一度味わってみては?

烈鳳(ヨルボン)チムタク
<住所>東京都新宿区大久保1-8-4 KPLUSビル3F
<TEL>03-6273-8577
<営業時間>11:00〜23:00(LO22:00)
<定休日>なし
ホームページ

2013年3月 1日 10:53
?