HUNGRYOUTの最新記事


HO0727image1.jpeg

今週紹介したのは、中国料理の中でも、辛くて有名だという中国湖南省の料理、湖南料理が楽しめる、「香辣里(シャンラーリー)」!6月に三軒茶屋にオープンしたばかりのお店です。
スタジオにはお店のオーナー、梁 宝璋(りょう・ほうしょう)さんにお越し頂きました!
梁さんは、中国の東北地方、チチハルの出身。神田にある中国東北料理の人気店、「味坊」のオーナーでもあって、湯島の「味坊鉄鍋荘」など、人気店をいくつも手掛けてらっしゃいます。今回のお店は、そんな味坊グループの5店舗目!

HO0727image2.jpeg

スタジオでも試食したこちらの料理は、「金湯牛杂」(牛ハチノスの金湯スープレモングラス風味)!細切りにした牛のハチノスを鶏出汁で溶いたかぼちゃのスープで煮た汁もの。発酵した唐辛子と煮て、仕上げには、レモングラスと似た香りのする山胡椒オイルで香り付けしています。中国には、辛さの表現がいくつかあって、湖南料理の辛さを、「香辣(シャンラー)」というそう。口に入れた瞬間に汗が噴き出す、スカッと突き抜けた辛さ・・・これはまさにそんな刺激的な辛さの料理です。

HO0727image3.jpeg

でも、湖南料理はただ辛いだけじゃありません。発酵中華であり、燻製中華であり、ハーブ中華でもあって、例えば、魚や豆腐、唐辛子などは発酵させて旨味を引き出したり、燻製の技術や、パクチーやシソなど、ハーブ類も多用。辛さと旨味や香りを、うまく組み合わせているのが特徴。辛いけど、うまいのです!写真は、発酵させた魚を蒸し煮にして唐辛子とともに調理した定番料理「香辣魚」。臭いし辛いけど、美味しい!メニューも多く、リーズナブルなので、仲間でワイワイ楽しむのもおススメです☆

HO0727image4.png

HO0727image5.jpeg

香辣里(シャンラーリー)
<住所>東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋 7F
<電話>03-6450-8791

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305

?