HUNGRYOUTの最新記事

11pasta.png


今週紹介したのは、カルボナーラが好き過ぎるシェフによる“究極のカルボナーラ”が食べられるお店、「カーサベッラ」!最近完成したばかりの新国立競技場の近くにあるイタリアンレストランです。オーナーシェフの越川徹也さんは、カルボナーラがきっかけで料理人を目指したという方。20年以上、カルボナーラを追求し続けています。


22pasta.png


美味しいカルボナーラを作るために特にこだわったのは、このタマゴ!数々のタマゴを試してようやくたどり着いたという埼玉県日高市の「たかはしたまご」の卵職人、高橋さんが人生を賭けて、まるで自分の子どもの様に大切に育てた親鶏から生まれるタマゴで、「金印」と「萌味」、2種類のタマゴを混ぜ合わせて使っています。もともとタマゴかけご飯専用なので、火を入れてカルボナーラにするなどもってのほかと、許可を得るために、なんと10年の歳月を要したそう。黄身が濃くてプルプル!本物の美味しさを追求した1個200円近くする高級タマゴです。


33pasta.png


その他、ペコリーノチーズ、パンチェッタ(生ベーコン)、「グアンチャーレ」という豚ほほ肉の塩漬けのみを使ってソースに。生クリームは一切使用していません。最後に胡椒を振りかけるのは、その昔、カルボナーラは、ローマの炭焼き職人が食べた料理で、手についていた炭を振り払った時に落ちたことが所以だそう。太めのパスタは、イタリア、フェリチェッティ社のスパゲットーニ。標高1000mの地で作られる最高級のパスタで、世界で生産量が2%以下という原種の小麦を使って作られています。食材のバランスはもちろん、火入れのタイミングなど、すべてに神経を使って仕上げている“究極のカルボナーラ”!カルボナーラ好きの児嶋も絶賛の美味しさでした!ぜひ一度お試しを◎
スタジオには、越川シェフにお越し頂きました!ありがとうございました!


44pasta.png


◆Hostaria Casa Bella(ホスタリア カーサ ベッラ)◆
<住所>東京都渋谷区神宮前2-3-30第2竹上ビルB1
<電話>03-6804-1495
http://www.hostariacasabella.com/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406

?