HUNGRYOUTの最新記事


HO1004Picture1.png


今週紹介したのは、生姜焼きの概念を覆す話題の生姜焼き専門店、「極厚家(ごくあつや)」!その名の通り、看板メニューは、極厚の生姜焼き定食です。(しょうがごはん、漬物、選べる1品、お味噌汁がついて、税込み1050円)


HO1004Picture2.png


厚さなんと2センチ弱位!生姜焼きというよりはステーキのような佇まいです。普通の生姜焼きは、薄切りの豚ロース肉を使って、フライパンで焼いて味付けをすることが多いですが、これは、豚の肩ロース約2キロを塊のまま、ブライニング(塩漬け)して20時間以上かけて低温調理してるそう。分厚く切って、たくさんの玉ねぎ、にんにく、生姜を擦りおろしてじっくり煮詰めた特製ソースをかけて完成!実は焼いていませんが、味は生姜焼き!低温調理の時間や温度など、研究に研究を重ねて作り上げた新感覚の生姜焼きです。


HO1004Picture3.png


分厚いですが、箸で簡単に割れる柔らかさ!そして、中は、豚肉なのにちょっとレアっぽいピンク色!驚く方も多いようですが、この色と柔らかさは低温調理ならではのもの。口の中でホロホロととろけます◎白いご飯の代わりに添えられたしょうがごはんともよく合います。しょうが焼きは、飽きずに食べてもらえるようにと、「みそ味」と「辛味」も用意!「極厚しょうが焼き丼」や、極厚ではない普通の生姜焼きもあります。

HO1004Picture5.png


スタジオには、女将の石井しおりさんとオーナーの高野さんにお越し頂きました!ありがとうございました!


極厚家
<住所>東京都新宿区高田馬場3-16-21乙二ビル1階
<電話>050-5361-5783


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359

?