HUNGRYOUTの最新記事

unagi11.png


今週は、ウナギ!日本の食文化としての伝統は守りつつも、これまでにないウナギ料理と、ウナギの楽しみ方を提案している“うなぎフレンチ割烹”、麻布十番の「うなぎ時任」をご紹介しました。店主の時任さんは、創業200年以上続く鰻の名店「麻布野田岩」で15年間修行。その後、各店の料理長を努め、鰻屋という日本の文化の枠を越えてフランスを中心にヨーロッパの様々な食や文化を学ぶためパリへ渡航。昨年6月、「うなぎ時任」をオープンされました。鰻を知り尽くす時任さんならではのウナギ料理をコースで楽しむことができます。写真は、前菜として好評のウナギバーガー!


unagi22.png


コースの中でメインとして出される「うな重」は、ランチなら単品でもオーダー可能。
愛知県三河一色産のウナギの他、天然鰻、そして、月に一度いつ入荷されるか分からないという完全無投薬の「横山さんの鰻」も!出会えたらラッキーです◎


unagi33.png


スタジオには、店主の時任さんにお越し頂きました!ありがとうございました!
ウナギが夏バテに効果的というのは本当ですが、実は、ウナギの旬は秋冬。夏に集中してウナギを食べることで、需要と供給のバランスが崩れてしまっている状況を少し冷静に考えてもらいたい、そんな思いもあって、7月27日の土用の丑の日は営業しない予定とのこと。夏だけでなく、1年を通してハレの日や特別な日にウナギを楽しんでもらいたい、そんな風におっしゃっていました。


unagi44.png


◆うなぎ時任◆
<住所>港区麻布十番2-5-11 AZABUMAISON201
<電話>03-6812-9671
http://tokitou-unagi.jp/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366

?