HUNGRYOUTの最新記事


HO0920Picture1.png


今週はラグビーSP!ワールドカップの「日本×ロシア戦」が行われる東京スタジアムへ向かった、渡部建に代わって、GOING UNDER GROUNDの松本素生がナビゲート!このコーナーでは、開幕戦の対戦国、ロシアを代表する食べ物、「ペリメニ」に並々ならぬこだわりを持つお店、幡ヶ谷の「ペリメニキッチン」に注目しました!日本で言うなら餃子が一番近い料理ですが、ロシアの方はロシア風のラヴィオリと表現される事が多いそう。店主の小山さんはフレンチの出身でロシア料理のお店で働いていたこともあり、そこでペリメニに出会うことに。食事にもおつまみにもなり、包み方も具材もほとんど決まりがないペリメニの自由さに魅力を感じ、研究を開始!ロシアを感じる日本のペリメニを作りたいと試行錯誤して自分なりのペリメニを作り上げたそう。

0920Picture2.png


こちらが小山さんのペリメニ!(1200円)オリジナルでブレンドした小麦粉を使い手捏ねした生地に塩胡椒だけでシンプルに味付けした粗挽きの豚肉を包み込んでいて、なんと2日以上かけ、手間暇かけて作っているそう。一口サイズで、口に含むとプリプリ、モチモチ!自家製のサワークリームのソースが抜群に合います!松本素生さんも絶賛の美味しさ◎お店ではこの豚肉のペリメニを定番に、羊、鴨、仔牛、蝦夷鹿でもペリメニを作っていて、入れ替えながら日替わりで2,3種類を提供。フレーバードシリーズと名付けて肉に何かを加えたペリメニを出すこともあり。ちなみに、昨日からは豚にレモンとカルダモンを混ぜたペリメニがメニューに加わっています。(日によってなので無い日もあります。)


HO0920Picture3.png


ペリメニキッチン
<住所>東京都渋谷区本町6-38-10 大竹ビル 102
<営業時間>18:00〜23:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366

?