あの「鳥しき」初の姉妹「Gallus」!


1_HO1108.JPG

今週ご紹介したのは、今年6月、目黒に誕生して以来話題のお店、「Gallus(ガルス)」!食べログの焼き鳥ランキング日本一を誇るミシュラン1つ星の名店、あの「鳥しき」が、初の姉妹店としてオープンさせたお店です。場所は、目黒駅東口から歩いて3,4分。「鳥しき」のすぐ近くです。

2_HO1108.JPG

カウンターメインのスタイリッシュなお店で、コンセプトは、“鶏とワイン”!鶏料理の可能性を広げたいと、焼き鶏メインの「鳥しき」とはまた違ったスタイルで、メニューは、4500円のお任せコースのみ。串の焼き鳥だけでなく、様々な形で鶏を存分味わえるコースになっています。お店を切り盛りするのは、鳥を愛する「鳥しき」の親方、池川さんのお弟子さん。5名のうち3名が「ガルス」で新たな挑戦をしています。

3_HO1108.JPG

こちらがコースメニュー!内容は、季節の旬に合わせて変わります。

4_HO1108.JPG

前菜は盛り合わせになっていて、例えば、セセリと赤玉ねぎと空芯菜のタイ風ソテー、長ネギとゴマ油で漬け込んだハツ(心臓)、ローストしたパプリカとバルサミコ酢で和えた軟骨のソテーなどなど、5種類ほどを少しずつ。

5_HO1108.JPG

色んな味が楽しめて、ワインのおつまみにも最高の一皿!
メイン料理ともいえる「その日おススメの鳥料理」は、例えば、モモ肉のソテーや、手羽元の煮込み、炒め物など、季節の野菜などを取り入れながら、洋風の味付けにしたり和風の味付けにしたり、日々色々な料理に挑戦しているそう。

6_HO1108.png

そして、串は、前半で塩モノ3本。季節の野菜、ぼんじり、皮、砂肝などを1本ずつ焼いてくれて、後半でタレもの。同じく3本。つくねや、かしわ、レバー、さらに希少部位のハツモト、食道などが出されることもあり!

7_HO1108.png

使っている鳥は「鳥しき」と同じ、福島県産の伊達鶏。肉質の柔らかさ、歯ごたえの良さが程よく、親方が惚れ込んだ極上の鳥だそう。そして焼き方ももちろん「鳥しき」仕込み。一般的な焼き方、「強火の遠火」ではなく、「強火の近火」で、高温で一気に表面を焼き上げて
外はパリっと中はジューシーに。旨みを閉じ込めて焼くというのが「鳥しき流」です。これが絶妙な焼き加減!

8_HO1108.png

左から、かしわ、野菜串(おくら)、ぼんじりの塩!塩加減も絶妙です。

9_HO1108.png

さらに締めは「ガルス特製の鶏モツカレー」か「チキンカツサンド ガルス風」、どちらかをチョイス!砂肝、軟骨、皮、ぼんじりなど、鶏のいろんな部位を柔らかく煮込んだカレーは、チキンカレーとはまったく違う味わい。スパイシーですが、鶏の甘味、脂がルーに溶け込んでいてまろやか。ご飯ともよく絡みます。夜9時以降はアラカルトでも対応しているので、このカレーだけを食べに訪れるお客さんもいるとか。(800円)

10_HO1108.png

遅い時間の食事や、2軒目としてもおススメのお店です。お店の方のサービスも丁寧なので、料理に合わせるワインのチョイスなど、色々相談しながら楽しんでみては?

11_HO1108.png

◆Gallus(ガルス)◆
<住所>東京都品川区上大崎3-3-4 MIYUKI HOUSE 1F
<電話>03-5422-9834
<定休日>日曜日・祝日
<営業時間>18:00〜24:00(L.O23:00)

2013年11月 8日 17:20
?