創業40年、日本橋人形町にある鰻の名店「梅田」!


HO0724image1.JPG

今日は土用の丑の日!今回番組が注目したのは、創業40年、日本橋人形町にある鰻の名店、「梅田」!実はこちら、定番のうな重やうな丼だけでなく、一味違う、ちょっと珍しい鰻の食べ方を提案していることでも有名なお店なんです。

HO0724image2.JPG

こちら2代目ご主人の白石さん!伝統は踏まえつつ、新たな鰻の楽しみ方も提案したいと、様々なメニューを考案しています。

HO0724image3.JPG

その中でも大人気なのが、「梅田丼」☆江戸時代は禁断の組み合わせだったという鰻と梅を合わせたオリジナルのどんぶりです!実はとても相性がいいと、お店でも大好評。定番のうな重以上に注文が入る日もあるんだそう。

HO0724image4.JPG

こちらがその梅田丼!

HO0724image5.JPG

鰻とご飯の間に、ペースト状の梅。そして、海苔とネギとゴマ。酒塩で下味し、白焼きした鰻に出汁醤油を塗ってあぶり焼きしているので、表面はパリっと、香ばしい仕上がり!ちなみに、ウナギは、ウナギの中でも特に美味しいと言われる愛知県の三河一色産です。

HO0724image6.JPG

面白いのは、隠し仕上げ!なんと、最後に、コニャックを1,2滴ふりかけているんだそう。それによって味も香りもぐっと良くなるんだとか。

HO0724image7.JPG

そんな香りも楽しみつつ、お好みで山椒をかけて頂きます。お店で使っているのは、「ぶどう山椒」という紀州でしかとれない山椒。抹茶のような緑色で、さわやかないい香り!なんと、キロ2万円する高級山椒です!
そもそも、鰻は、ビタミンが豊富。夏バテにもいいと言われていますが、梅も、疲労回復効果のあるクエン酸を多く含んでいたり、実は、鰻の脂の消化を助ける働きもあるんだそう。なので、栄養学的にも相性のいい、理にかなった組み合わせ!夏にぴったりの丼といえるのでは?お値段、お昼、2500円。夜、3500円から。

HO0724image8.JPG

こちらは梅田丼と並んで人気の「白焼き丼」!イクラをトッピングして食べるのがご主人のおススメ!鰻のコクが増すんだとか。お値段、お昼2300円。夜3400円。トッピングのいくらは、200円から。ぜひ一度お試しを。8月半ば頃までは混み合います!鰻がなくなり次第、終了となりますので、お早めに。また、丑の日前後はテイクアウトは休止しています。

HO0724image9.JPG

◆梅田◆
<住所>東京都中央区日本橋人形町3−4−2
<電話>03−3661−0160
<営業時間>昼(月〜土)11:00〜14:30(13:45L.O)
      夜(月〜金)17:00〜21:00(20:15L.O)
<定休日>日曜日・祝日・土曜の夜の部


2015年7月24日 17:20
?