空前の大ブームが続く「サバ缶」の魅力とは?

様々なメディアで取り上げられ、空前の大ブームが続く「サバ缶」


日本缶詰びん詰レトルト食品協会の発表によると
ツナ缶を抜いて、3年連続で生産量トップは「サバ缶」だそうです。


今回は、サバを愛しすぎる女性、
全日本さば連合会、広報担当、
池田陽子さんに「サバ缶」の魅力を伺いました!


●池田さんがオススメする「サバ缶」


■岩手県:岩手県産 Cava缶 
元祖おしゃれサバ缶「Cava缶」に今年2月新たに登場した
「ブラックペッパー味、アクアパッツァ風味」。
缶詰とは思えないほど本格的な味わい。
缶をあけたとき「いま鍋のふた開けましたよね!?」ほどの完成度!!


■ 北海道/ノフレ食品「keith缶詰シリーズ」のサバ缶。
昨年10月に発売がスタートした北海道・ノフレ食品「keith缶詰シリーズ」のサバ缶。
バツグンにおしゃれ。パッケージデザインを担当したのは、
グラフィックデザイナーの美澤 修氏。
世界の名だたるラグジュアリーブランドを手掛け、ワールドワイドに活躍。
ロエベ、カルティエ、フランク・ミュラー、サバ缶! ここまできたかサバ缶。
パッケージ和紙! 金箔使用!  
もはやジュエリー級のサバ缶、味のほうももちろん、ダイヤモンド級の煌めき♪ 
脂質含有量20パーセント以上の釧路で水揚げされたサバを使用。
華やかでゴージャスな釧路のサバの味わいをいかした「鯖味噌煮」がとくにおすすめ。


IMG_4495.jpg

2020年6月26日 18:20
?