展望スポットの魅力!?

今年9月に東京タワーがリニューアルオープン!
そして、今月1日には渋谷最高峰のおよそ230メートルの高さを誇る複合施設
「渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKY」がオープンしました。


今回は、全国300以上の展望施設を巡った展望タワー・展望台マニア、
かねだひろ さんに展望スポットの魅力を伺いました!


FullSizeRender.jpeg


<かねだひろ さん>
日本全国の展望タワー、展望室、展望台350ヶ所中、300を制覇したOL
東京タワーにのぼるために千葉から港区に引っ越し、5年間で、週3で通っている


●かねださんが展望タワー・展望台とする基準は?
展望を目的として建てられた建造物かどうかというのが基準。
「ここからの景色を見てほしい」という想いの形が展望タワー・展望台に表れていると思うので、その想いを感じながら景色を見ることができるのか、という部分も基準として大事にしています。


●今年9月にリニューアルオープンした東京タワー、どこがどう変わった?
昨年開業60周年を迎えた東京タワーは、開業以来初めてとなる
大規模リニューアルを行い、今年9月にリニューアルオープンを迎えました。
大きな変化としては、メインデッキの窓が大きくなって、
今まで以上に迫力ある眺望が楽しめるようになりました。
そして東京タワーからの季節やイベントに合わせた光のメッセージを灯す
ライトアップも、267台のLEDライトが様々な光の色に変化する
「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」へリニューアルとなりました。
先日11月7日にお披露目されたばかりなのですが、今までよりも鮮やかに、
1つ1つの光の変化が多様になりました!
今夜も20時から「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」が点灯しますので、
今夜の東京タワーにも注目してみてください!


●一度は行って欲しい!全国の展望タワー・展望台、ベスト3とは?


第3位→世界貿易センタービルディング展望台。


東京の浜松町駅にあるのですが、1970年の完成当時は日本一高いビルでした。
このビルからは足の先から頭の先まで東京タワーの姿を見ることができます。
展望室の雰囲気もとても良くて、大人なデートにもお勧めです。
実は2021年に再開発により解体されることが発表されていますので、
まさに今行っていただきたい展望台です。


第2位→ 新潟県にある弥彦山パノラマタワー。


回転しながら上昇していく回転昇降式タワーは
今や現役で稼働しているものが少なくなってしまい(5か所のみ)、
この弥彦山パノラマタワーは現存する日本最古のタワーです。
くるくると回りながら徐々に眼下に広がる眺望が広がっていく感覚は、
回転昇降式タワーでしか味わえないので、
一度はこの楽しさを味わっていただきたいです。


第1位→ 東尋坊タワー。
福井県の有名な観光地、東尋坊にあるタワーなんですが、
「え、今、昭和?」と錯覚するくらい、いい意味で時が止まっている展望台でして、
もはやここ以上に昭和の時代を感じる展望台はないです。
世の中が変化していく中でここまで変わらないのはもはや奇跡です。
展望台の雰囲気と目の前に広がる日本海の雄大な景色を味わっていただきたいです。


<かねださんからお知らせ>
展望タワーや展望台めぐりの様子をツイッター(@towerup_tw)で
発信しています是非チェックして下さい。

2019年11月29日 18:20
?