女性にオススメの刺激的な漫画!


今回の【ハレット・ガールズ・インフォ・カウンター】は、
様々な刺激を与えてくれる女性にオススメの漫画を
作家、哲学ナビゲーターで、漫画原作者としても活躍されている
原田まりるさんにご紹介して頂きました!

haletto0614-1.jpeg

●1冊目は「明日のエサ君だから」若杉公徳

 講談社・月刊ヤンマガで連載、現在2巻まで発売中。

内容:学校に突如現れた巨大エイリアン?のような化け物から
   逃げ惑うホラーサスペンス。学生達は「毎日一人づつ、エサとして生贄になる」
   システムで なんとか生き延びようとするが、徐々に人数も減っていき、
   主人公であるおとなしい男子生徒がリア充男子に
  「明日のエサ、君だから」と指名されるところから物語はスタートする。
   生きるか死ぬか、というお話の内容や化け物に食われてしまうなどの
   描写が刺激的な一冊。

●2冊目は「君に愛されて痛かった」知るかばかうどん

 漫画アクションで連載していたものの「表現が刺激的すぎた」ことが
 理由で打ち切りとなり、コミック配信サービス漫画王国で連載が再開されることに
 なった漫画。現在3巻まで刊行。

内容:凄まじい被害妄想を持つ女子高生かなえの日常を描いた漫画。
   家庭に居場所がなく、学校でなんとか女子グループに入り、
   周りに気を使いまくりながら過ごす主人公のかなえ。
   そんなかなえは援助交際をすることで自分の存在意義を確認していたのだが、
   とある男子生徒をめぐり女子グループから無視されてしまう。
   「あいつのせいで」と女子の主犯格を憎むかなえは、
   援助交際でためたお金で、ヤンキーの友達に復讐を依頼するのだが……
   という恐ろしいヤンデレ女子の心理描写を描いた一冊。

●3冊目は「雪女と蟹を食う」Gino0808(ぎのぜろはちぜろはち)
 
 ヤングマガジンで連載中の作品。現在一巻発売中。

内容:生活に困窮し、自殺を図ろうとするも一歩を踏み出せずいた男性が主人公。
  「最期の晩餐に蟹を食べてから死のう」と決意し、
   図書館でたまたま出くわしたセレブ人妻の家へ強盗に押し入るが、
   雪女のような冷たい笑みを浮かべるミステリアスな彼女に翻弄され、
   二人で車で北上し北海道まで蟹を食べに行くことになってしまう。
   いわば見知らぬ相手と不倫旅行がスタートしてしまうのだ。
   一風変わった展開も刺激的だが、恋愛の話なのに「強盗男の方が常識人で、
   セレブ妻の方がどこかおかしい」と背筋がひんやりする怖さも漂っている
   不思議な作品。

そんな、原田まりるさんが原作を手がけている漫画が現在連載中です!

無料WEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」の連載作品
『WeTuber ウィーチューバー おっさんと男子高校生で動画の頂点狙ってみた』の
漫画原作を手がけています。

【ハレット・ガールズ・インフォ・カウンター】のコーナー
ゲストは、原田まりるさんでした!

ありがとうございました! 

2019年6月14日 18:20
?