GIRL'S INFO COUNTERの最新記事


小学生の時、国語の授業でやった文章を声に出して読む「音読」が、
様々な医学的効果があると、今、密かなブームなのをご存知でしょうか?
「黙読」ではなく、声に出して読むことでどんな効果があるのか?

そこで、今回は話題の本『心とカラダを整える おとなのための1分音読』の著者
大東文化大学文学部准教授、山口謡司先生をお迎えしました!

IMG_3258.jpg

「黙読」ではなく声に出して読むことで、どんな効果があるのか?
『心とカラダを整える おとなのための1分音読』に推薦文を出している
森田 豊医師によると・・・

1.気持ちが落ち着く
気持ちを落ち着かせる作用があるセロトニンは、音読をすることで多く分泌され。
音読を習慣にすることで、安定した精神状態を導くだけでなく
認知症やうつの予防にも効果が期待できるそうです。

2.やる気が出る
やる気や自制心を司る脳の前頭葉は、音読によって刺激することができ、
フットワークが軽くなったり、ネガティブな気持ちに向き合うことが
上手になったりするそうです。

3.ストレス解消
大きな声を出すことで、ストレスホルモンが少なくなるだけでなく
内臓の働きも活性化します。病気に対する抵抗力も高まる可能性があるそうです。


4.脳の活性化
「黙読」では目で情報を読み取って脳にインプットしますが、
「音読」では声に出して文章を読むアウトプットが加わり、
音読は視覚と聴覚の両方を同時に用いることで、脳の活性化に効果がある。

5.誤嚥性肺炎(ごえんせい はいえん)の予防
のどの筋肉は年齢とともに衰えていくので。
本来食道に入るべき食べ物が誤って気管に入ることで起こる
誤嚥性肺炎は、年を重ねるとともに気をつけたい病気のひとつ。
予防のためにも、音読でのどの筋肉を自然に鍛えるのが良いそうです。


Q、音読する文章によっても効果は違ってくるのですか?
1章「元気が出る音読」3章「音やせりふを楽しむ音読」は脳が活性化されたり
やる気が出てくるので朝におすすめです。2章「気持ちが落ち着く音読」は
ストレス解消され気持ちが落ち着くので夜におすすめです。

Q、受験にも使えます?
音読にはリラックス効果、やる気を喚起する効果もあるので試験前に有効です。本書に掲載されているのは名文ばかり、用語解説も掲載されているので、国語教科の学習にも
役立つでしょう。
 
Q、音読するときの注意点は?
音読は朗読と違い、自分のためにするものです。上手に読むことを意識せずに、
自分のペースで自分が心地よく感じるように読んでいただくことが一番です。


<お知らせ>
現在14万部突破のベストセラー!
『心とカラダを整える おとなのための1分音読』自由国民社から発売中!
坊っちゃん、源氏物語、ロミオとジュリエット……
毎朝1分、毎晩1分、おなじみの名文を読めば、心とカラダがスッキリ!!
ピンクのカバーが目印です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138

?