史上初のクラシカルDJ、Aoi Mizunoさんが「この春に聴くべきクラシック」をセレクト!

今回は、ミレニアル世代の指揮者で、史上初のクラシカルDJ。
Aoi Mizunoさんに「この春に聴くべきクラシック音楽」を紹介して頂きました。


IMG_3003.JPG


<Aoi Mizunoさん>
巨匠カラヤンを輩出したオーストリアのザルツブルクの音楽学校で
クラシック音楽を学び、ヨーロッパでさまざまなプロオーケストラを指揮してきた他、
2016年にライブハウスで大音量で楽しむ
ピアノリサイタル「東京ピアノ爆団」をプロデュース。
昨年、世界最古の音楽レーベルとして知られる
ドイツの名門〈ドイツ・グラモフォン〉から正式にオファーを受け、
世界初となるクラシック音楽のミックスCDを制作!
形に囚われない新しいクラシックの楽しみ方を提案する活動をしている。


●Aoi Mizunoさんがオススメする「この春に聴くべきクラシック音楽」はコチラ!


・J.S バッハ/ ラフマニノフ編曲 “Gavotte” from the Partita No.3 / ヴィキングル・オラフソン


・ヴィヴァルディ/ マックス・リヒター "Spring0" & “Spring1” / ダニエル・ホープ


・ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 第1楽章 / リッカルド・シャイー & ゲヴァントハウス管弦楽団


・ストラヴィンスキー: バレエ「春の祭典」から「春の兆し」/ テオドール・クルレンツィス &ムジカ・エテルナ

2019年3月22日 18:20
?