インターナショナルな味が楽しめる世界の調味料最新情報!

かけるだけで、インターナショナルな味が楽しめる
世界の調味料最新情報を料理研究家の青木敦子さんに伺いました!

GR011888.JPG

Q、ここ最近でブームになった調味料、どんなモノがありますか? 

2009年の「食べるラー油」をきっかけに、定期的にブームになる新しい調味料。
2011年の「塩麹」に続き、14年はモロッコ発「塩レモン」が全国を席巻。
昨年から今年にかけては、怪味やレモンカードなどが流行っていたかと思います。

Q、かけるだけでインターナショナルな味が楽しめるオススメ調味料は?

・イタリアのガルム(コルトゥーラ)・・・
 イタリア版魚醤です。なんにでも合うのですが、トマトソースなどは特におすすめ。

・ マッサ・・・
  ポルトガルの伝統的な調味料でパプリカから出来ています。
  唐揚げやフライドポテトなど、揚げ物などにも合いますし、
  豚肉や鶏肉のソテーなどにもあいます。
  ちょい足しでもいいですが、漬け込んで焼いて食べても美味しいです。

・ シラチャソース・・・
  タイ発祥ですが、ロサンゼルスで流行っていて、日本に上陸するかもしれません。
  炒め物、和え物、何でも合います。ニンニクがちょっと聞いているので、
  場所を選びますが、一気にアジアンテイストに早変わりです。


Q、今後ブームとなりそうな調味料は? 

・燻製調味料が少し来ていると思います。
 例えば燻製バター、塩、オリーブオイル、しょうゆなどがここ最近良く出回っています。

・パウダー調味料
 アメリカで日本のふりかけが流行っている事も少し関係しているのかもしれませんが、
 色々なメーカーさんがパウダー状のドレッシングや和え物用などの
 パウダー調味料が発売されています。

・トマ味噌なども流行っています。
 こちらはトマトケチャップと味噌を混ぜた物なので、
 ご自宅でも簡単につくれてお勧めです。

Q、家で全然使っていない調味料の活用法は?

・焼き肉のタレなどはお家で焼き肉をやった時に少しだけ残ってしまい、
 2〜3本中途半端なものが冷蔵庫に眠っているとよくお聞きしますが、
 焼き肉のタレはとっても万能で、炊き込みご飯のに使ったり、大根おろしにかけたり、 
 酢とオリーブオイルを加えてサラダのドレッシングにしたり、
 パスタソースなどにもできますので、とっても使い勝手が良いです。

Q、その他、青木さんから調味料に関するアドバイスは?

 固定観念にとらわれず、遊び感覚で使ってみると良いと思います。
 単独で使用するのも良いのですが、調味料同士を混ぜ合わせて使うと
 新たな味と遭遇してオリジナルの調味料を作って楽しむ事が出来るので、お勧めです。

そんな調味料に関する青木さんの本が発売に!

【味付け上手になれる!調味料使いこなし手帖】という漫画本が
 6月16日に発売になりました。
 買ってはみたけど、実は使い方がよくわからない。
 使えるメニューが少なくて、ぜんぜん減らない。そんな調味料
 ケチャップ、マヨネーズ、ポン酢などの定番調味料、
 難易度高めなバルサミコ酢、ナンプラー、各種ハーブまで…
 料理のレパートリーがぐーんと広がる魅惑の51品目を擬人化漫画でご紹介します♪


J-WAVE GOLD RUSH 【CURIOUSCOPE】のコーナー
「世界の調味料最新情報」を料理研究家の青木敦子さんに伺いました。

ありがとうございました!

2016年8月26日 17:00
?