「妖怪ウォッチ」


ゲームの累計出荷本数200万本を突破!!関連グッズも売り切れ続出!!
今、子供たちの間で社会現象となっている「妖怪ウォッチ」
そのブームの秘密について週刊東洋経済編集部の二階堂 遼馬さんに伺いました。

GR010734.JPG

・妖怪ウォッチがブームになったのは、いつごろから?

 ブームに火をつけたのは、今年1月上旬に始まったアニメ放映。
 これをきっかけに、昨年7月に発売されていた
 ニンテンドー3DS用のゲームソフトの販売が急拡大。
 5月に販売本数が100万を突破。
 ゲームソフトは発売直後に最も売れるのが一般的。
 発売から半年後に“後伸び”するのは異例。

・1月中旬にバンダイが販売を開始した妖怪ウォッチ関連のグッズは、
 全国のおもちゃ売り場で売り切れが続出。
 腕時計のおもちゃ「DX妖怪ウォッチ」(3200円)は、
 ネットオークションで数万円の値がつく

・3月中旬に東京駅一番街にオープンしたナムコが運営する
 キャラクターイベントショップ「妖怪タウン」も来店客が殺到し、
 オープンからわずか2日で営業を一時停止した。
 4月中旬に再開して以降、整理券の配布からネットでの予約制に!

・アニメで流れる主題歌「ゲラゲラポーのうた」のCDは、
 5月12日付のオリコン週間ランキングで4位を記録。
 エンディングの「ようかい体操第一」は 小学校の運動会のダンスでよく使われる。
 ちなみに、ビデオリサーチが満3歳〜満12歳の子どもを対象に
 毎年、実施している「キャラクターと子供マーケット調査」
 2014年6月度、「子どもに人気のキャラクター」、1位が「ドラえもん」、
「ミッキーマウス」と「妖怪ウォッチ」が同率で2位−。凄い人気!

・そもそも妖怪ウォッチの内容とは・・・
 小学5年生の主人公ケータが妖怪のウィスパーと出会い
 ウィスパーから妖怪ウォッチで街の至る所で妖怪が見えるようになり、
 妖怪ウォッチを使って悪い妖怪を倒す。さらにその妖怪を友達にしていく。

 現代の『ドラえもん』
 主人公像は、個性がない子というか、何をやっても普通の子。
 主人公だけでなく、すべてのキャラクターに対して現代アレンジ
 殴らない”ジャイアン”、嫌味じゃない”スネ夫”
 それぞれのキャラクターたちをリアルにいそうな感じにして、
 「あ、こういうクラスメートや、こういったグループあるよね」と
 今の子供たちが共感できる世界観や設定をつくった。

二階堂 遼馬週刊東洋経済の最新号は、どのような内容に?

週刊東洋経済 9月13日号 「クスリの裏側」
普段何げなく服用している薬は本当に必要なのだろうか。
安全なのだろうか。相次ぐ不祥事で製薬業界の信頼が揺らぐ中、
本当に必要な知識を身に付けたい。

この時間は、週刊東洋経済編集部の二階堂 遼馬さんに
「妖怪ウォッチブームの秘密」についてお話を伺いました。

ありがとうございました!

2014年9月12日 17:00
?