日本ダイエット健康協会代表理事に伺う「正しいダイエット法」


あなたのダイエット法は、間違っているかも知れません!
今日はダイエット検定の生みの親、日本ダイエット健康協会代表理事、
古谷暢基さんに、正しいダイエット法を教えて頂きました。

GR010324.JPG


日本ダイエット健康協会の発起人でもあり、日本のダイエット業界の第一人者。
テレビのダイエット企画の医学的根拠に基づく監修など
芸能人やモデル、プロアスリート選手を含め10,000人を超える体型に悩みを解消
全国各地で正しいダイエット知識の普及に尽くしている。


実は、diet(ダイエット)とは“やせる”という意味ではないんです。
→dietを英和辞書で調べると本来は日常の食事、食事療法、国会等の意味がある。


ダイエット検定とは、
健康のスクエア(四角形)と呼ばれる食事、運動、休養、環境全ての面から、
ダイエットに関する総合的な知識を勉強・取得できる日本で唯一の検定。


2008年の創立以来、10,000人を超える方たちが受験し、
著名人も数多く取得している今最も注目される資格の一つなんだそうです。


いろいろ商品やダイエット法の本が出ていますが、
そもそも人が太るシステムは一つだけしかないのです。
すなわち脂肪を作る命令を出すホルモンは、唯一インスリンだけであり、
このインスリンが過剰に分泌されないようにすれば、
絶対に太らないということになります!

痩せる身体のシステムとは、血流が良く体温が高い体質と生活。
これを実現し、インスリンを過剰分泌させなければみるみる痩せていくんだそう。


<お知らせ>
年3回ダイエット検定を全国で開催中。次回の検定は3月16日(日)に開催致。
お申込締切りが迫って来ていますので、皆さんも検定を勉強して、
巷の情報に踊らされない本当のダイエット知識を獲得しましょう。

検定のテキストは読物としても面白い内容になっているので、
検定を受験しない人が 読んでも参考になる一冊です。

詳しくは→日本ダイエット健康協会のHPでチェックしてみて下さい!


このコーナーでは、日本ダイエット健康協会代表理事の
古谷暢基さんをお迎えしました。

ありがとうございました! 

2014年2月14日 17:00
?