新語ウォッチャーもりひろし さんと2017年を振り返り!


毎年恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」の
ノミネートが先日、発表されました。
今年も新語ウォッチャーもりひろし さんと「新語・流行語大賞」を予想しながら
2017年を振り返りました!

R0000088.JPG

今年で5年連続! GOLD RUSHにご出演頂いています!

<もり ひろし>
新語・流行語専門のフリーライター。
主な仕事は国語辞典のための新項目の調査と執筆。
「現代用語の基礎知識」では「流行観測」のコーナーを担当
そのほか新聞、雑誌の言葉紹介のコーナー、ウェブサイトのコラムなども担当。

Q、もりさんから見て 今年のノミネートの傾向はどんな印象?

・例年どおり「政治の多さ」が目立つ(忖度、フェイクニュース、共謀罪など)
 17年は30語中12語、16年は同11語。

・今年は「スポーツが極端に少ない」(9.98の1語のみ)
 ちなみに昨年は2〜4語(タカマツペア、神ってる、ほか五輪関連)
 野球なしは2013年以来4年ぶり。(13年は楽天が特別賞)
 例年の選定については「野球偏重」との批判もあった。
 話題自体は多かった(卓球・張本、高校野球・清宮への注目など)。

Q、今年の注目点は?

注目点 \治
ノミネート語:
フェイクニュース、ポスト真実、Jアラート(国際政治)
忖度(モリカケ)
○○ファースト、アウフヘーベン(小池百合子)
プレミアムフライデー、働き方改革、共謀罪、人生100年時代(政策関連)
ちーがーうーだーろー!、魔の二回生(失言・不祥事系)
・5分類できる→国際政治、モリカケ、小池百合子、政策関連、失言・不祥事系
・国際政治ではトランプの存在感が大きい。
・モリカケは、忖度がノミネートしているが、モリカケ自体のノミネートはなかった。
・小池百合子は排除のノミネートがなかった(選定作業に間に合わなかった?)
・政策関連ではプレミアムフライデーの不発が目立つ。
・失言・不祥事系では「このーハゲー」が入っていない(薄毛の人への忖度?)

注目点◆.優奪
ノミネート語:インスタ映え、ユーチューバー、炎上○○(炎上CMなどの話題)
・例年どおり、ネットで流通する動画・写真が流行した(16年でいうPPAP)。
・個人的には恋ダンスの選外が残念だった(ドラマ放映は16年10月〜12月)。

注目点 将棋
ノミネート語:藤井フィーバー、ひふみん
・そもそも将棋関連語の登場自体が同賞の過去34回の歴史で初。
・ブーム自体も、羽生フィーバーの1990年代以来の出来事
 

Q、さて、もりさんの今年のベストテンと大賞の予想は?

トップテン予想

あくまで選考委員会の選出傾向を勘案して予想すると…

トップテン予想
忖度、フェイクニュース、インスタ映え、9.98、35億、空前絶後の、
藤井フィーバー、働き方改革、ちーがーうーだーろー!、共謀罪

・9.98はやくみつる氏が国民栄誉賞レベルと推している。
・藤井フィーバーはひふみんと併せて一枠と扱っても面白そう。


Q、そして、今年の流行語大賞予想は?

大賞予想

⭐忖度、インスタ映え
・日常会話の中に登場するレベルの流行語という共通点から。
・昨年、私(もり)の予想は外れた(PPAP、ポケモンGO→神ってる)

なお今年は読者投票も受け付ける
・書店店頭で配布しているハガキで、3語を選んで投票可能。
・新語・流行語大賞の発表イベントで、上位3位を読者賞として発表。
・投票は11月24日(金)の消印まで有効(ギリギリ間に合う)。

今年の「新語・流行語大賞」は来週の金曜日12/1に発表されます!お楽しみに!


今年の新語・流行語大賞について、新語ウォッチャーの
もりひろしさんに伺いました。
ありがとうございました!

2017年11月24日 16:55
?