週休3日制とプレミアムフライデーについて


東京オリンピックに向けて掲げられている
「夢ビジョン2020」により提案されている
“週休3日制”の導入案に今、注目が集まっています。

また、経済産業省と経団連、業界団体などは、
毎月末の金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー」を
今月24日から実施するとしています。

日本人の働き方改革は、本当に実現可能なのか?
今回は、週休3日制とプレミアムフライデーについて、
週休など労働環境に詳しい、東京経済政策研究会代表、
岩本真行さんに解説して頂きました!

GR011984.JPG

Q、実施された時のメリット、デメリットは?

・メリットは、3つ
  ]働生産性向上のきっかけになる
  ▲泪泙了纏と育児の両立がしやすくなる。
週休3日なら働けるというママはいるはず
  7从僂粒萓化に繋がる可能性がある。
人は時間があればお金を使う傾向にあるので

・デメリットは、週休3日が強制された場合の、ということにはなりますが、2つ

強制的に会社が導入すると所得の減少に繋がる可能性があること
 (選択制にすれば問題なし)

特に若手の労働スキルの向上スピードが減速する可能性があること。
  猛烈に働くと成長するというのも事実

Q、現実的に実現可能なのか?

・実現可能かどうかは会社によって変わると思います。

・例えば、工場のブルーワーカーや店舗接客のように、
 労働時間と価値が連動する仕事だと、週休3日制はその会社の売上や
 労働者の所得の減少につながります。こういう業界や職種にはフィットしない

・一方で、頭脳労働者が中心の会社、例えばIT系などでは十分実現可能と思います。
 頭を使う仕事はリフレッシュする方がパフォーマンスが上がる側面がある

今回は、週休3日制とプレミアムフライデーについて
東京経済政策研究会代表、岩本真行さんに伺いました。
ありがとうございました! 

2017年1月20日 17:00
?