新型iPhone 5s、iPhone 5c!


先週の金曜日に発売された新型iPhone 5s、iPhone 5c。
アップルは、23日、販売台数が3日間で900万台を超え、
これまでの最高となったと発表しました。

NTTドコモも参入して3キャリアが激突! 
今回は新型iPhoneについてITジャーナリスト、神田敏晶さんに伺いました。

R0014643.JPG

どこのショップも昨年とは様相がまったくちがい、
色さえ問わなければすぐにでも購入できるという潤沢な在庫状況だった。
スマートフォン市場の成熟期と言われながらも、
昨年の「5」から「5s5c」の180%もの伸び率は異常。

あくまでも携帯キャリアに卸した台数であり、
消費者に対して実際に販売された台数は550万台程度という見解も。

家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると
今回、発売された「iPhone 5s」と「5c」、2機種の売り上げの内訳は、
指紋認証機能を搭載した「iPhone 5s」が83.2%、「iPhone 5c」が16.8%。

家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると
「iPhone 5s」と「iPhone 5c」を合わせたキャリア別販売台数シェアは、
ソフトバンクモバイル44.7%、ドコモ27.8%、au27.5%。
国内初代モデル「iPhone 3G」から、5年以上にわたって販売してきた
ソフトバンクモバイルがトップの座を守った形に。

この時間は、先週の金曜日に発売された新型iPhoneについて
ITジャーナリスト 神田敏晶さんに伺っていました。
ありがとうございました。

2013年9月27日 17:00
?