CURIOUSCOPEの最新記事


繁華街で、同僚や友人と飲むわけでもなく、
映画館やゲームセンター、書店などで1人で長時間過ごしていたり、
コンビニでお酒を買って時間を潰すように道端や公園でお酒を飲んでいたり、
そんな行動をする「お父さん」世代のサラリーマンを
「フラリーマン」と呼ぶそうです。

今回は、家に真っ直ぐ帰りたくない「フラリーマンの心理」について、
社会心理学者 目白大学名誉教授の渋谷昌三さんに伺いました。

R0000159.JPG

Q、フラリーマンという言葉は渋谷先生が名付けたそうですね?
2004年に出版した著書の中で使った造語。
当時は、まだ男性は会社で長時間仕事をするのが主流で、
早く帰れる日は少なかったので、ふらふらしている人は、そんなに目立ってなかった。

Q、フラリーマンが増加している背景とは?

・働き方改革/ワークライフバランス/残業の見直し

Q、なぜ、そんなに家に帰りたくないのか?
フラリーマン には、いくつかのタイプがあるそうですね?

・ 帰宅恐怖型
・アンビバレント型
・自游人型(自分で好き勝手にやりたいことがある)


東京では、共働きで働きながら子育てや主婦業をこなす女性がほとんどですが・・・

Q、フラリーマンの妻たちの言い分とは?
・生活のルーティンワークが乱される(子どもが一人増える?)
・家事育児の援軍に役立たない(邪魔)

Q、フラリーマン家庭の問題点とは?
・ 夫婦間の共感性が低い(お互いの理解・コミュニケーション不足)
・日頃からの家事育児分担が明確でない(夫のスキル欠如)
・離婚予備軍になりかねない

Q、フラリーマンが家に足を向けるにはどうすればいい?
 家庭での居場所(テリトリー)を作る
 妻が何をしてほしいと思っているのか、まず聞いてみることが大切。
 心理学で言う『ノッキング行動』。

 相手のテリトリーをノックして、意向をうかがう。
 基本は人間関係。会社でも家庭でも同じ
 働く女性は、私ばっかり家事をさせられて!ってなるだろうし、
 女性も息抜きもしたいだろうし・・・
 お互いが理解していれば、うまくいくこともありそうですよね。

そんな、渋谷先生は、
フラリーマンに関係した書籍を毎日新聞出版より
5月ごろ刊行予定だそうです。

今回は、家に真っ直ぐ帰りたくない「フラリーマンの心理」について、
社会心理学者で目白大学名誉教授の渋谷昌三さんに伺いました。
ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315

?