3月16日ダイヤ改正

もうすっかり春ですね。

毎年3月は鉄道のダイヤ改正が行われます。
今回は3月16日に行われる JRグループのダイヤ改正について、
鉄道ライターの杉山淳一さんに伺いました。

まずダイヤ改正が行われる理由は大きく分けて二つ。

ひとつは、鉄道側の都合。
新型の車両ができて、スピードアップできる、
古い車両が引退して、スピードアップできる、
新路線が開業する場合、新駅が開業する場合。
逆に、路線の廃止、駅の廃止、赤字のため減便という場合もあったりと、理由は様々です。

もうひとつは、お客様に合わせているという点。
例えば学校やオフィスビルができると、通勤通学列車を増やし、
ショッピングセンターができると、日中の列車を増やすなど、
需要と供給のバランスで決められます。

気になる通勤路線のダイヤ見直しで注目は、

立体交差の完成で最高速度設定を上げて、中央快速線の到達時分を最大3分短縮!
そして湘南新宿ライン等が新たに浦和駅に停車。
「日光」・「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」も停車
京葉線の朝通勤時間帯(平日)は快速を全て各駅停車に変更します
通勤快速は残ります。
これは列車の速度を揃えて増発しやすくするという、平行ダイヤという手法。
乗客の偏りが解消され、遅れが改善します。

という訳で、私たちの生活にとっても密接した今回のダイヤ改正。
渋谷駅の再開発についても来週とりあげます!

0308_C.jpg
2013年3月 8日 14:14
?