?

2019年03月16日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは文京区千駄木にある
往来堂書店の店長、笈入建志さんです。
往来堂さんは、いわゆる街の商店街にあるような小さな書店なんですが、
セレクトにたいへん力の入っている本屋さんとして知られています。

笈入建志さんの入魂の一冊はこちら!
0316oiri.jpg
しびれる短歌』 
著:東 直子、 穂村 弘

日本を代表する歌人2人が注目した短歌をネタに四方山話が書かれている。
恋愛の歌や恋の歌などが多く、この本に限っては食べ物の歌も多い。
歌人2人による楽しい様々な短歌が楽しめる1冊になっています。
是非皆さんも手にとってみてください。

IMG_9030.JPG

BOOK BAR staff| 22:48 | カテゴリー:一冊入魂

2019年03月16日

3.16 OA Queen ウルフルズ 欅坂46 and more

1  ‘39 / Queen 


2  サムライソウル / ウルフルズ 


3  不協和音 / 欅坂46 


4  唐船ドーイ / よなは徹 


5  What’s Going On / Marvin Gaye 

BOOK BAR staff| 22:46 | カテゴリー:SONG LIST

2019年03月16日

宝島

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
0316 ookura.jpg
著:真藤 順丈 講談社

『物語の熱さと重さで生き苦しい』
沖縄がまだアメリカの統治下にあった1952年から返還された1972年までの沖縄が舞台。
まるで著者の真藤さんが沖縄出身の人と勘違いするほどのリアルな文章。
戦果アギャーという当時のアメリカ統治下だった頃の、アメリカの物資を略奪していた集団の中に居た"英雄"と呼ばれていた人が主人公として描かれている。
絶対にアメリカ軍には見つからない!と言っていた日限って、
アメリカ軍に見つかってしまう。
そして何人も射殺されてしまうが、何人かは脱出が可能だった。
しかし英雄の姿は無かった・・・
今の沖縄問題にも繋がる1冊にもなっている。

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2019年03月16日

BOOK STAND ダンサー・振付師のTAKAHIROさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

今週は、ダンサー・振付師のTAKAHIROさんが登場。

TAKAHIROさんは2005 年に、NYのアポロシアターのアマチュアナイト・コンテストに出場、年間ダンス部門1位を獲得し、アメリカを拠点にプロダンサーとして活躍。
2007 年にはニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人 100 人」に選出。

マドンナのワールドツアーのダンサーとしても実績を残し、
国内では欅坂46の独創的な振り付けが注目を集めています。

今回は、ダンサー・振付師のTAKAHIROさんが"感動した本"3冊を選んでくれました。
今夜はその2冊目です。


自分の信じた道を進む
今夜紹介するのは、芦田 淳さんの人通りの少ない道―私の履歴書です。
芦田 淳さんは日本を代表するファッションデザイナーで、Jun Ashidaというブランドを立ち上げて、日本の皇族の方々の服を作っていた。

この本の好きな文は後書きに書かれている。「この私の履歴書は私の家族達、子孫達。そしてまだみぬ社員達が読むだろうと思いますが、彼らに残したい言葉はただ一つです。人間は常に自分の信じる道をただ一筋に進む事。それが人通りの少ない道であろうとも。」
日本を代表して皆に愛されて、
沢山の人が理解できる芦田淳さんのファッション。
でもたとえ人が少なくても自分が信じる道を突き進む。恐らくそれに皆んなが刺激されて新しい道が出来ていった。
例えば、「パリで成功したいと思っていたら現地にすまないといけませんよ。いくらホテルに泊まってもそれは旅人にすぎませんよ。」と。

ふと最近動画配信サイトでの情報収取で終わらせてしまう。現地に行ってみないとわからない事も沢山ある。大失敗しても信じる事に挑戦してみてだからこそ分かる事もある。
芦田さんが自分の信念を貫き通してやった事が書かれている。
なので凄く刺激になる。是非皆さんにも読んで欲しいです。

IMG_6575.jpg

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2019年03月16日

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

2016 ann.jpg
著者:遠藤 周作 新潮社


『身近だけどわからない!』
今週で2人のおすすめ本を紹介するのも最後になりました・・・
そんな杏ちゃんが持ってきたのはいつか紹介したい!と言っていた本。
信仰とはなんなのか?それが描かれていて、主人公を"侍"という表現で書かれている1冊。
主人公の侍は、キリスト教の信者である日海外への長い旅に出る事になる。
その後国へ戻るとキリシタン禁制となっていた。
そこで侍に待っていたものとは?そしてどうやってその後生きていくのか?

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO

2019年03月09日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは、下北沢にある本のセレクトショップ

B&B
の、店長・寺島さやかさんです。
お店の名前のB&BはビールのBとBOOKのB。
ブックコーディネーター内沼晋太郎さんとクリエイティブディレクターの嶋浩一郎さんが 「これからの街の本屋」について考え形にした本屋さんです。

B&Bは昨年12月、同じ下北沢で移転・リニューアルしました。
新店舗の場所はB&Bホームページをご確認下さい。
http://bookandbeer.com/news/reopen/

そんなB&B店長・寺島さやかさんの入魂の一冊はこちら!
20190309 入魂.jpg
オトナ婚です、わたしたち: 十人十色のつがい方。』 
著:大塚玲子  太郎次郎社エディタス

著者の方が実際に結婚を経験してパートナーとの関係性に悩んでいた時に、自分達なりのやり方で悩みを解決している人たちに実際に話を聞いて書かれている。
本の中は、事実婚と法律婚の2つに別れていて、それぞれの結婚のインタビューについてコラムが書かれている。アンケートや法律についてなど書かれていているので、そこもこの本の読み応えがある所でもあります。
是非、皆さんも手にとってみてはいかがでしょうか?

IMG_0173.jpg

BOOK BAR staff| 22:48 | カテゴリー:一冊入魂

2019年03月09日

今週、大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉眞一郎セレクト
20190309 ookura.jpg
著:ソナーリ・デラニヤガラ 佐藤澄子 (訳)

『失ったものを忘れる事では乗り切れない』
この本は、2004年12月に起きた"スマトラ島沖地震"での実際に体験した実話を元に書いたノンフィクション小説。
混乱が続く中、当時の感情や思った事、実際に起きた事など鮮明に綴っている。
人数では測れない悲劇は世界には沢山ある。読んだ人それぞれの様々な苦しみから抜け出す本当の方法がもしかしたら書かれているかもしれません。

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO

2019年03月09日

BOOK STAND ダンサー・振付師のTAKAHIROさんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

今週は、ダンサー・振付師のTAKAHIROさんが登場。

TAKAHIROさんは2005 年に、NYのアポロシアターのアマチュアナイト・コンテストに出場、年間ダンス部門1位を獲得し、アメリカを拠点にプロダンサーとして活躍。
2007 年にはニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人 100 人」に選出。

マドンナのワールドツアーのダンサーとしても実績を残し、
国内では欅坂46の独創的な振り付けが注目を集めています。

今回は、ダンサー・振付師のTAKAHIROさんが"感動した本"3冊を選んでくれました。
今夜はその1冊目です。

異世界での出会い
今回紹介するのは、芥川龍之介さんの河童です。
この本は人間が河童の世界に迷い込んでしまい、人間とは違う感覚を持っている河童の世界を体験する話し。
この本の中で1人の芸術家のクラバックという芸術家が、「何を恐れているのだ?」と聞かれて「何か正体のしれない者を恐れている。彼を支配している星を恐れているんだ。」
「彼は僕の影響受けないが、僕はいつの間にか彼の影響を受けてしまうのだ。」
この一説においてこの本を好きになった。
ニューヨークでの下積み時代に読みました。他人に影響されてしまうという事が怖い。
他の人のダンスの動きが自分の中に入ってしまって、個性が消えてしまうのではないか?
出会った当時は凄く怖かったが、今現在はまずは動きを真似る事から入って自分のスタイルにしていく。そんなクラバック・河童が好きな1冊です。

IMG_6573.jpg

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND

2019年03月09日

「つらいな」と思ったとき読む本

今週、杏ちゃんが紹介してくれたのは…こちら!

杏セレクト

20190309 ann.jpg
著者:中谷 彰宏 あさ出版


『こんな形から出会う本もあるんですね』
杏ちゃんと同じ誕生日の4月14日と同じ誕生日の中谷彰宏さんが書いた1冊。
今日辛い事があった人、悩んでしまった部下を励ましたい上司、悩んでしまった大切な人を勇気づけたい人の3人に向けて書かれている。

BOOK BAR staff| 22:08 | カテゴリー:BOOK INFO

2019年03月02日

■一冊入魂■

週替りで本のプロフェッショナルである書店員さんに
今読むべき!読んでほしい!オススメの一冊を紹介して頂きます。

今週、入魂の一冊を紹介してくれるのは三省堂書店・有楽町本店の
アルパカ書店員こと内田剛さん。
内田さんがお勤めの有楽町店はJR駅前・東京交通会館の1階・2階にあり、
平日と土曜日は夜10時まで営業しているので、
会社帰りのみなさんが多く訪れる店舗となっています。


内田剛さんの入魂の一冊はこちら!
20190302 nyukon.jpg
いいね!』 
著: 筒井ともみ 著  ヨシタケシンスケ 絵

この本は、様々な"いいね!"という言葉に注目した児童書です。
しかし是非大人の方にも読んで欲しい1冊。
普段生活していてネガティブに感じる事もこの本では"いいね!"という
ポジティブな言葉に置き換えています。例えば、逢えないっていいね!・眠れないっていいね!・臭いっていいね!などなど。
この本からネガティブワードをポジティブに変える事を学べる本です。
是非みなさんも手にとってみてはいかがでしょうか?

IMG_9026.JPG

BOOK BAR staff| 22:48 | カテゴリー:一冊入魂

2019年 3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


バックナンバー

カテゴリー