ARROWS SUNDAY 06:00-09:00

SARAYA ENJOY!
NATURAL STYLE

フードディレクターの野村友里が
ナビゲーターを務める
「そのまま、ありのまま」をテーマに
ナチュラルなスタイルを提案する
ゲスト・コーナー。
SARAYA

ARCHIVE LIST

2022年3月までの情報はこちらから

「釜浅商店」の代表、熊澤大介さん

20220703

今朝のゲストは浅草、合羽橋にある料理道具のお店
「釜浅商店」の店主、熊澤大介さん。

「釜浅商店」は1908年、明治41年
熊澤大介さんの曽祖父の代から創業に創業された
料理道具店の老舗。
合羽橋にお店を構え、名前の通り「釜」中心に取り扱っていたそう。
熊澤大介さんはこのお店の4代目店主。

道具を売るだけではなく
お客様との対話から
熊澤さんの「ものを見る目」「いいものを選ぶ能力」が養われたとのこと。

『僕らいつも売ってはいますが
実際に毎日それを使っているわけではないので
やっぱり毎日使っているプロの料理人さんから
教えていただくことってすごく大きくて
そういったことが
僕らにとっては財産になっていると思うんですよね。
昔から使われているけど廃れずに残っている物たちは
それなりに理由があってのことだと思うんですよね。
ですからそういったところの本質の部分を
「なんでそうなんだろう?」ってことを改めていつも考え直して
勉強しなおしてお客様に伝えていくっていうのは
心がけるようにはしていますね。』

ここ数年、海外から入ってきた料理道具など
便利なものが増えてきましたが
その中でも釜浅商店では
ご飯を炊く釜、炭火焼き道具、鉄のフライパンをなど
昔から変わらないものを置いているそう。

熊澤さんに「良い道具」を使うこと、永く大切に使うこと・・・
その大切さについて伺いました。

『やっぱり良いものを手に入れると大切にすると思うんですよね。
使い込んで(道具が)育っていくと愛着も湧くと思いますし、
そういうような関係性を気づいていくっていうことも
すごく素敵なことだと思いますし、
暮らしも豊かになっていくんじゃないかなと思いますし、
一番はお料理も美味しくできますし。
そのように考えると生活の基本が「食べる」ことなんだとしたら
そこに必要な道具たちは大切に良い関係を築いていくのが
大切なんじゃないかなという風に思います。』

釜浅商店

=============

サラヤは、世界の衛生、環境、健康に
貢献する商品を提供しています。

・手肌と地球にやさしい「台所用ヤシノミ洗剤」
・カロリーゼロの自然派甘味料「ラカントS」
・新感覚の手指消毒ローション
 「アルソフト 携帯用60ミリリットル」

この3点をセットにして毎週3名様にプレゼントします。

番組の感想やメッセージを添えて、
「サラヤ ヤシノミ洗剤希望」と明記してご応募ください。
『ARROWS』のサイトのトップにある
「Message to Studio」からどうぞ。


なお、当選者の発表は
プレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。

J-WAVE HOME