MUSIC ACCELERATOR
PROGRAM

NFTを活用した新人アーティスト発掘&育成プロジェクト!
ミュージック・アクセラレーター・プログラム通称MAPスタート!

超豪華プロデューサー・クリエイター陣がメンターとして半年間で
あなたの成長を加速させる一大音楽オーディション企画!
デモデー(お披露目)は10月開催のイノフェスの大型ステージ!

参加アーティストのエントリー受付は終了しました。
多数のご応募ありがとうございました。

※エントリー多数のため選考の結果は5月22日(日)までにご応募いただいた方にご連絡いたします。
ご了承ください。

概要

About

ミュージックシーンが急速にデジタル化する中、アーティストは従来の音楽家の枠を超えた、
スタートアップ企業のような存在になってきました。
音楽を制作するだけでなく、自身のブランディングやマーケティング、ビジュアルコンセプトまでを
幅広く手掛けるスキルが必要になってきました。
それらを身につけるにはプロの知見やスキル、そしてテクノロジーの助けが必要です。

スタートアップ企業には、自身の成長を加速させるアクセラレーター・プログラムという仕組みが存在します。
これは大企業が将来性のあるスタートアップ企業を、
協業や出資を目的として自社のリソースを提供したり、
アドバイスや指導を行うメンターを付けて様々な形で支援、育成するプログラムです。

しかしミュージシャンにはこのようなアクセラレーター・プログラムがありません。

そこでJ-WAVEは将来性のある次世代アーティストへ向けた、
公開型のミュージック・アクセラレーター・プログラム(以降MAP・マップ)を開催します。
オーディションを経て次世代アーティストを発掘し、J-WAVEと豪華プロデューサー、クリエイター陣が
メンターとなってアーティストを育成していく新しい試みです。
ラジオのオンエアと動画配信を通じてMAPアーティストの成長の過程を公開しながら
およそ半年間をかけて進行していきます。

スタートアップのアクセラレーター・プログラムには成果を発表するデモデーが存在しますが、
MAPのデモデーは本年10月22日、23日に六本木ヒルズで開催する
音楽とテクノロジーのフェス「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA」(通称イノフェス)の
メインステージでのライブパフォーマンスとなります。

イノフェス 2021の様子はこちら <DAY1 レポートDAY2 レポート

メンター

Mentor / Producer

エンタメ界を代表するプロデューサー、クリエイター、マーケター陣が
MAP選出アーティストの成長をアクセラレーション(加速)していきます!

川田十夢開発者/AR三兄弟/長男/
INNOVATION WORLDナビゲーター
開発者、AR三兄弟、公私ともに長男。
2014-2016年 J-WAVE『THE HANGOUT』火曜ナビゲーターを担当。現在は毎週金曜日20時からJ-WAVE『INNOVATION WORLD』に出演中。WIREDなどで連載を持つ。 芸術から芸能まで、ジャンルを越えた拡張を続ける。通りすがりの天才。
真鍋大度アーティスト/インタラクションデザイナー/プログラマ/DJ/TOPPAN INNOVATION WORLD ERAナビゲーター
東京を拠点に活動するアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ。
2006年Rhizomatiks 設立、2015年よりRhizomatiksの中でもR&D的要素の強いプロジェクトを行うRhizomatiks Researchを石橋素氏と共同主宰。
身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、デザイン、アート、エンターテイメントの領域で活動している。
後藤正文アーティスト/TOPPAN INNOVATION WORLD ERAナビゲーター
1976年生まれ。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。これまでにキューンミュージック(ソニー)から9枚のオリジナルアルバムを発表。2010年にはレーベル「only in dreams」を発足させ、WEBサイトも同時に開設。また、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞『THE FUTURE TIMES』を編集長として発行し続け、2018年からは新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞『APPLE VINEGAR -Music Award-』の立ち上げ、朝日新聞の朝刊・文化芸能面でのコラム連載「後藤正文の朝からロック」を担当するなど、音楽はもちろんブログやツイッターでの社会とコミットした言動でも注目されている。2020年5月から全国7公演ASIAN KUNG-FU GENERATION「Tour 2020 酔杯2?The Song of Apple?」も決定している。
もっと見る
小橋賢児The Human Miracle株式会社/
クリエイティブディレクター/TOPPAN INNOVATION WORLD ERAナビゲーター
The Human Miracle株式会社 代表取締役/クリエイティブディレクター
1979年東京都生まれ。88年に俳優としてデビューし、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』など数多くの人気ドラマに出演。2007年に芸能活動を休止。世界中を旅しながらインスパイアを受け映画やイベント製作を始める。12年、長編映画「DON'T STOP!」で映画監督デビュー。同映画がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティ アワードとSKIPシティDシネマプロジェクトをW受賞。また『ULTRA JAPAN』のクリエイティブディレクターや『STAR ISLAND』の総合プロデューサーを歴任。
『STAR ISLAND』はシンガポール政府観光局後援のもと、シンガポールの国を代表するカウントダウンイベントとなった。
もっと見る
草野華余子シンガーソングライター/作詞作曲家
“ただのオタクですが、勇気を出してロックやってます”
大阪府出身・東京都在住、シンガーソングライター/作詞作曲家。3歳の頃からピアノと声楽を始め、中学生の頃に出会ったJ-ROCKシーンのバンドサウンドに衝撃を受け、18歳の大学進学を機にバンド活動を始める。2007年頃から「カヨコ」として活動を開始、2019年に本名である「草野華余子」に改名。 自身の活動に加え、数多くのアーティストやアニメ作品への楽曲を提供。2019年にリリースされたLiSA「紅蓮華」の作曲を手掛け、一躍注目を集めている。
野村達矢スペシャル・メンター/
(株)ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長執行役員(FRIENDSHIP.DAO運営)/(一社)日本音楽制作者連盟理事長
1962年生まれ 86年、明治大学卒業後、渡辺プロダクション入社、89年、ヒップランドミュージックコーポレーションに移籍し、BUMP OF CHICKEN、サカナクション、KANA-BOONなど、ロックバンドを中心に数々のアーティストの発掘・プロデュース及びマネージメントに携わる。2019年に、代表取締役社長執行役員に就任。音制連では、2007年に理事に就任後、2017年に常務理事に就任。2019年6月、理事長に就任した。
サッシャSpecial Ambassador/
J-WAVEナビゲーター
ドイツ・フランクフルト出身。日本語、ドイツ語、英語のトライリンガル。
ドイツ人の父と日本人の母の間にドイツで生まれ、小学校4年生の時に日本に移住。FMラジオ局J-WAVE「STEP ONE」ナビゲーター、日本テレビ系列「ズームイン!!サタデー」出演、「金曜ロードSHOW!」ナビゲーター。また、スポーツ実況アナウンサーとしてモータースポーツ、自転車レース、J.League、バスケットボールそしてヨットレースなどを担当。
鈴木貴歩エンターテック・コンサルタント
浅田真理marimosphere/ビジュアルアーティスト・クリプトアーティスト
marimosphere名義で VJ, ビジュアルアーティスト, クリプトアーティストとして活動。 ミクロコスモスからマクロコスモス、抽象から具象まで、時空と現象を表現の源泉とし、意識と環境に投影されたコミュニケーション体験としてのアートを創出し、人々の潜在意識に光をもたらすことを追求している。 自身もアーティストとして活動しながら、NFTコミュニティ”NFT & CRYPTO ART JAPAN"主宰。 2021年6月に日本初NFTフィジカル展覧会を開催、7月にはシンガポールを拠点とするNFTの祭典 CryptoArtWeekAsia in Tokyo主催。 2021年8月にNFTとDeFiの仕組みを活用したアーティスト支援プラットフォーム"ArtiStake"をローンチ。 2022年1~3月、デジタルハリウッドにて、クリエイターのためのNFT講座を開講。520超の参加者にNFTの基礎知識から実践までを教える。 2022年3月28-31, ドバイで行われた国連SDGs会議MENA ClimateWeekに、SDGsのためのNFT, メタバース, デジタルアートと音楽の可能性についてパネリストとし登壇。3/30にドバイ万博オーストリアパビリオンにてMusic for SDGsの活動を発表。 VJとしてJ-WAVE INNOVATION WORLD FESTAにて数々のアーティストと共演。FUJIROCK FESTIVAL、MUTEK.JP×文化庁メディア芸術祭、DOMMUNE、海外ではポルトガルのBOOM FESTIVAL、ドイツ・イエナのFulldome Festivalなど、国内外でのフェスやイベントなど出演多数。
ふくりゅう音楽コンシェルジュ/happy dragon.LLC 代表
1976年東京生まれ。1999年、カレッジチャート団体CRJ代表だった学生時代に、リアルネットワークスと住友商事が出資した音楽スタートアップiPPeeへ参加。その後、SWSWへ出演したバンドFEEDのマネージャー、カルチャー雑誌BARFOUT!エディター、Yahoo!の音楽メディア『Yahoo!ミュージックマガジン』、音楽ストリーミング・サービスの先駆け『Yahoo!サウンドステーション』の外部プロデューサーを歴任。現在でもIT関連の様々なプロジェクトで、プロデューサー、アドバイザー、メンターなどを担当している。 近年では、Yahoo!ニュース個人『ふくりゅうの音楽コンシェルジュ』、ラジオやテレビ・メディア、音楽雑誌や音楽WEBメディアでの執筆やトーク。Spotify(『キラキラポップ:ジャパン』など公式プレイリストを担当)などストリーミング・サービス、飲食店やアーティスト公式サイトでの選曲など選曲家(プレイリスター)を担当。これまでTM NETWORK、布袋寅泰、X JAPAN、B’z、米津玄師、King Gnu、YOASOBI、Vaundy、EVE、Ado、ケツメイシ、RADWIMPS、ONE OK ROCK、中田ヤスタカ、きゃりーぱみゅぱみゅ、DEAN FUJIOKA、SKY- HIなど2,000組以上インタビューを手がけている。著書『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』〈ダイヤモンド社〉
https://twitter.com/fukuryu_76
FRACTON VENTURESFracton Ventures(株)
赤澤直樹/鈴木雄大/亀井聡彦
agehasprings音楽×総合クリエイティブカンパニー
数々のヒット曲を手掛け、気鋭のクリエイター、アーティストを輩出し続ける音楽×総合クリエイティブカンパニー。
音楽プロデューサー玉井健二を筆頭に、蔦谷好位置、田中ユウスケ、百田留衣、飛内将大、横山裕章など、日本を代表するヒットメーカーを多数擁し、アーティストAimerも所属する。 YUKI、ゆず、中島美嘉、JUJU、米津玄師、Official髭男dism、back number、あいみょん、菅田将暉、Aimer、緑黄色社会など第一線で活躍するアーティストのヒット曲を創出し続け、手掛けたCDおよびDVDの総売上枚数は1億枚を越える(2004年~2021年1月時点)。 ハイクオリティな音楽を創出するブランドとして国内外のアーティスト、クライアントから高い支持を得ている。
また、ホログラム、AR演出、3DCG技術を駆使したライブイベントのプロデュース、気鋭の才能をマッチングした音楽映像作品をグローバルに発信するプロジェクト、作曲AIの開発など、創造性をインスパイアし、クリエイター、アーティストの持続的成長を実現する社会の構築のため、テクノロジーを活用し多角的に事業展開している。
origami PRODUCTIONSレーベル/マネジメント
1枚の紙でなんでもできるオリガミのように、楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル。
Ovall、Kan Sano、Michael Kaneko、Hiro-a-key、Shingo Suzuki、関口シンゴ、mabanua、Nenashiが所属。
2007年に東京で産声をあげ、常に“音の鳴る方へ”と歩み続け、今に至る。
渋谷のアンダーグラウンドで盛り上がっていたジャズ、ソウル、ヒップホップを軸としたジャムセッションムーブメントを世界中の音楽ファンに届けるべくスタートしたが、現在はより自由な表現を追い求め、ジャンルレスでボーダレスなスタイルで活動の幅を広げている。
所属アーティストは国内外での大型フェスの常連であると同時に、映画・ドラマ・アニメやCM音楽の制作、また世界中のアーティストをプロデュース、リミックス、演奏などでサポートしている。
ミトクラムボン
1975年5月6日生まれ。東京都出身。
クラムボンのバンドマスターとして、ベース、ギター、キーボード他を担当。 デビュー以来クラムボンのほとんどの楽曲はmitoによるものである。 自身のバンド以外にも、演奏参加、楽曲提供、プロデューサー、ミックスエンジニアとして、木村カエラ、豊崎愛生、花澤香菜、持田香織、大森靖子、toe、SOUR、コトリンゴなど多くのミュージシャンを手がける他、映画やアニメの楽曲制作を行う。
2006年から「mito solo project」として“FOSSA MAGNA”“dot i/o” “micromicrophone”の3つのソロ活動をスタートし、アルバムを発表。ノイズ、アバンギャルド、テクノからエピックなポップミュージックまでを傍若無人に搾取するヘヴィー・リスナーであり、常にジャンルの垣根を飛び越えようとするスタイルで、新しい音楽に挑戦している。2011年には初のmito名義となるソロアルバム『DAWNS』を発売。同時に、これまでミトがプロデュース、作曲、編曲、作詞、remixを手がけた数々の作品を2枚にコンパイルした『mito archive 1999-2010』も発売している。また、牛尾憲輔(agraph/LAMA)とのアニソンDJユニット、2 ANIMEny DJsや、伊藤真澄・松井洋平との劇伴ユニット“TO-MAS SOUNDSIGHT FLUORESCENT FOREST”としても活動中。 2021年7月から放送のTVアニメ『ユーレイデコ』の劇伴をミトが担当する。
http://www.clammbon.com
LOFT PROJECTロフトプロジェクト
1971年創業。以来、70年代のロック勃興期に、荻窪ロフト、下北沢ロフト、新宿ロフトなどライブハウスを次々とオープンし、日本のライブハウス文化を牽引する。1995年にトークライブハウス・ロフトプラスワンをオープンして以降は、音楽のみならず、サブカルチャー全般を対象としてライブカルチャーと伴走している。現在、東京、横浜、大阪で10店舗を運営。
http://www.loft-prj.co.jp
J-WAVE MAP
プロデュースチーム

NFTとは

About NFT

NFTを活用した
アーティスト育成について

MAPの最大の特徴はNFTを活用したアーティスト育成です。
NFTとはNon Fungible Token(非代替性トークン)の略で、ブロックチェーン技術を使って
デジタルデータの所有権を保証することができる仕組みです。

今回のMAPでは選出されたアーティストの皆さんに約半年の間に、
デモ音源を3~4曲制作いただき、それをNFTとして国内外のマーケット・プレイスにて販売していきます。
販売収益は手数料、運営費を除いて次のデモ音源制作費になります。
最初は弾き語りや、一発録りの様な簡単な音源でも大丈夫。
プロデューサー陣とともに徐々に完成度を高めていきます。

スケジュール

Schedule

2022年MAPスケジュール

※スケジュールは状況により変更になる場合があります

かなり多くのエントリーをいただきましたので選考の結果は5月22日までにご連絡いたします。

5月27日(金)
MAP選出アーティスト発表(3~4組予定)
6月~10月
デモ音源制作、ラジオ出演、ライブ演出企画立案
10月22日(土)、23日(日)
イノフェスでライブお披露目

当プロジェクトに関するお問合せは以下メールアドレスにご連絡ください。